新人王戦星、高根試合戦評 | エビ☆ログ

エビ☆ログ

角海老ボクシングジム公式ブログ

 

こんにちは!

 

昨日と一昨日に行われた高根秀寿と星大翔の試合結果と戦評です!

 

9月27日

◇東日本新人王準決勝Lフライ級4回戦
○高根 秀寿(角海老宝石) VS ×若林 耕(畠山)
【判定4R 2-0(38-38.39-37.40-36)】

1R開始のゴングと同時に頭を付けあって打ち合う両者。

お互いに左ボディをめり込ませると

高根はワンツー連打、若林は右アッパーを好打

2Rは若林がうまく脚を使いさばこうとしたが高根は回転を上げてワンツー、上下の打ち分けで応戦!

すると若林も体で押し込み左ボディをヒット

最終回まで続いた打ち合いはお互いに息をきらしながらの激闘となったが結果は判定2-0で高根の手が上がった。

 

高根は初の新人王で決勝へ!

戦績は4戦4勝(1KO)

 

 

9月26日

◇東日本新人王準決勝Sライト級4回戦
×星 大翔(角海老宝石) VS ○本多 航大(川崎新田)
【TKO1R(2分6秒)】

 

1R、新人王3回目のエントリー、第1シードの星が

左ガードを下げた構えから中間距離を保ち速いジャブで先制

本多はガードを固めプレスをかけ右フックを狙っていく

序盤の一分はペースを握った星だったが本多にプレスをかけられるとロープを背負ってしまい

右を効かされダウン

ここは立ち上がった星だったがダメージは重く立ち上がったあとすぐにまとめられると

レフリーが割って入った。

 

 

 

角海老宝石ジムでは本気でプロを目指す練習生を募集しています。プロ移籍、初心者、ボクシング寮完備、地方から上京したい方もご相談下さい。お待ちしております!!