4月7日メインイベントはフェザータイトルマッチ! | エビ☆ログ

エビ☆ログ

角海老ボクシングジム公式ブログ


テーマ:

 

4月7日Dynamic Glove 572nd (SLUGFEST.3)のメインイベントは

 

 

チャンピオンカーニバル
◇日本フェザー級タイトルマッチ10R
王者:大橋 健典(角海老宝石) VS 指名挑戦者:源 大輝(ワタナベ)

 

大橋選手は初防衛戦!

源選手は二度目のタイトル挑戦となります!

 

大橋選手が王者奪取となった前戦。

坂晃典選手(仲里)と対戦した大橋選手

1Rからジャブを打ち合うとお互いに危険な距離でパンチを交換する立ち上がり

 

3Rまでは坂選手のコンビネーションが上回ったが大橋選手もハードパンチで対抗

4R大橋選手が左フックを効かせ明確なポイントゲット

5Rダメージの残る坂選手にプレッシャーをかける大橋選手

坂選手は大橋選手のジャブをもらってしまいリズムが狂うと終盤には右ストレートを好打されてふらついてしまう

するとラスト10秒の拍子木の音を聞き間違えたのか坂選手が後ろを向いてしまう自陣コーナーに戻ろうとする

大橋選手はそこを見逃さず右フックを直撃させダウンを奪うとレフリーが10カウントを数え上げた。

 

衝撃の結末で王座奪取に成功した大橋選手。

衝撃の動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=ZypcbrGCa7U

 

この試合に勝利して戦績を

21戦15勝(10KO)4敗2分としました。

 

 

対する日本フェザー級1位源大輝選手(ワタナベ)

15年9月30日に当時スーパーバンタム級チャンピオンの小國以載選手と対戦。

タイトル初挑戦の源選手は強気に右ストレートを繰り出したが小國選手の抜群の試合運びにポイントを奪われ判定負け

 

試合後は両者健闘を称えあって握手!

 

源選手はそこから階級を一つ上げフェザー級へ

すると3連勝で最強挑戦者決定戦に出場。

岩井 大選手(三迫)と対戦。

1Rから攻守の入れ替わり激しい試合となりました。

2Rには岩井選手の右ストレートを効かされてしまうも左フックを返してペースは譲らず。

3Rには打ち合いの中で源選手のパンチで岩井選手が右目上をカット

打ち合いは激化。5Rにはさらに岩井選手の左頬を切り裂いた。

6Rは岩井選手が気迫で盛り返したが7R、8R歓声の鳴りやまぬ大熱戦を演じた。

 

勝者は3-0の判定で源大輝選手。

この試合に勝利し2度目のタイトル挑戦権を獲得。

 

戦績は19戦14勝(11KO)5敗です!

 

 

島根県出身のチャンピオンの大橋健典選手か

それとも大分県出身源大輝選手か!?

 

お互いにハードパンチャーのため一瞬も目を離せない試合になること間違いなし!

 

 

KO必死の戦いは4月7日メインイベント!

 

角海老宝石ボクシングジムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス