激しく動き出したスーパーライト級戦線。 | エビ☆ログ

エビ☆ログ

角海老ボクシングジム公式ブログ


テーマ:

 

こんにちは!

現在角海老ジムで世界にもっとも近い男!

岡田博喜選手

 

スーパーライト級のWBO‐APチャンピオンの岡田博喜選手!

世界ランキングは

WBCスーパーライト級12位

WBAスーパーライト級8位
IBFスーパーライト級7位
WBOではスーパーライト級5位

ランクされています!

 

スーパーライト級を語る上で外せない選手といえば

テレンス・クロフォードですね!

当時WBO、WBC統一王者のクロフォードは

WBA、IBF統一王者のユリウス インドンゴ(ナミビア)

と対戦ともにサウスポーの一戦は

1Rこそ様子を見たものの2R後半にはインドンゴにクロフォードが左ストレートを当てダウンを奪うと続く3Rには左ボディでインドンゴに10カウントヲ聞かせた。

圧倒的強さを見せつけ4団体制覇に成功した

クロフォードは32戦32勝(23KO)破れたインドンゴは23戦22勝(11KO)1敗

その後クロフォードはさらなるビックマッチを求め階級上げると発表

4本のベルト全てを返上しました!

 

 

スーパーライト級各団体ランキングがこちら

 

WBOのランキングは以下

王者・空位

1位・テリー フラナガン(英)
2位・マウリシオ ホッカー(米)
3位・アレクサンダー サウセド(メキシコ)
4位・ジャック カテラル(英)
5位・岡田 博喜(日本)

 

さらに1位のテリーフラナガンと2位のマウリシオホッカーは4月14日ロンドンで王者決定戦を行うことが決まっています!

ということは4月末の発表で3位以内に入るなんてことも考えられますね!

 

IBFのランキングは以下

王者・セルゲイ リピネッツ(ロシア)

1位・空位
2位・空位
3位・アンソニー イート(スウェーデン)
4位・イヴァン バランチク(米国)
5位・近藤 明広(一力)
6位・エドゥアルド トロヤノフスキー(ロシア)
7位・岡田 博喜(角海老)

 

IBFも動き出しました

3位と4位で挑戦者決定戦が3月行われます!

王者のセルゲイ・リピネッツはライト級チャンピオンミゲール マイキー ガルシアとの対戦が3月決まっています!

 

 

WBCやWBAは空位ということでこちらもいつチャンスが回ってくるかわかりません!

今年から来年にかけて世界挑戦がくるかもしれませんね!

 

これからも岡田博喜選手の活躍から目が離せません!

 

角海老宝石ボクシングジムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス