15連続KO記録保持者 | エビ☆ログ

エビ☆ログ

角海老ボクシングジム公式ブログ


テーマ:

 

こんにちは!

15連続KO記録が更新されそうですね!

KO記録保持者といえば角海老にもいます!

渡部あきのり選手!

数々の名勝負を繰り広げてきた渡部選手。

前戦は敵地ロシアで世界ランク1位の強豪に左目が腫れてしまいレフェリーストップ

悔しい敗戦となりました。しかしアツいアツい試合でした!!

 

渡部選手。次戦は前東洋チャンピオンのラーチャシー・シットサイトーン選手(タイ)と対戦します!

 

そして現在記録を更新中の比嘉大吾選手(白井・具志堅)!

 

2月4日沖縄県立武道館で行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦で

連続KO記録を15に更新しました!

対戦相手は元2階級制覇王者モイセス・フエンテス(メキシコ)

1Rジャブで先制する挑戦者だったが比嘉は焦ることなくプレスをかけると1分過ぎに左フック右ストレートが挑戦者の顔面をとらえると終盤に左ボディー左アッパーから右ボディーストレートの見事なコンビネーションでフエンテスからダウンを奪った

このボディーにフエンテスはマウスピースを吐き出すとレフリーがカウント10を数え上げた。

比嘉が地元での試合を圧倒的強さを見せつけて

2度目の防衛に成功すると同時にWBC世界Sライト級王者の浜田剛史氏、渡部あきのり(角海老宝石)に並ぶ15連続KO記録を達成!

(写真ボクシングモバイル様にお借りしました。)

 

 

 

 

 

同じく15連続KO記録保持者の渡部あきのり選手の過去を振りかえってみました!

 

デビュー戦04年2月16日にスーパーライト級で大川泰弘選手と対戦。

結果は4R判定勝ち

2戦目からはウェルター級に階級を上げてKOの山を築き上げました

そして14連続KOで迎えた

7年9月17日。WBA世界ウェルター級11位のファルカド・バキロフ(ウズベキスタン)と対戦。

1Rからプレスをかける渡部だったがバキロフに右フックでさばかれてしまう。

5Rまでは前進するものの有効打を奪えない渡部。バキロフのパンチで流血し顔は真っ赤に。

6Rそれでも渡部がプレスをかけ続けるとバキロフが打ち疲れを見せ始める

7Rには渡部が連打!8Rついにダウンを奪うと猛ラッシュ!レフリーが試合を止めた。

 

この試合で15連続KO記録を更新!

その後は日本タイトルに挑み初の敗戦。

 

そして協栄→野口→角海老に移籍

現在の戦績は42戦35勝(30KO)7敗

最新のランキングでは日本スーパーウェルター級5位、東洋太平洋では10位にランクされています!

 

4月7日

渡部あきのりが復活の狼煙を上げる!!

 

角海老宝石ボクシングジムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス