本日決戦!小林生人、試合直前インタビュー | エビ☆ログ

エビ☆ログ

角海老ボクシングジム公式ブログ


テーマ:

本日29日東京・後楽園ホールで開催される「チャレンジスピリットシリーズ

メインイベントで激闘必至の好カードが行われます。


エビ☆ログ

元日本S・バンタム級チャンピオン

福原力也(ワタナベ)

VS
エビ☆ログ

元日本フェザー級1位・小林生人


サバイバル戦の様相も呈する一戦に臨む小林選手に、昨日の計量終了後に意気込みを伺いました。

-移籍2戦目で元日本S・バンタム級チャンピオン福原力也(ワタナベ)選手との対戦が決まりました。肩書的には格上選手との対戦になりますが、決戦を明日に控えた現在の心境を聞かせて下さい。
角海老に移籍してきた時から常に勝負だと思っていました。そういう(=ビッグネームとの)試合を希望していたし、望むところといった心境です。


-福原選手といえば、ギリシャ彫刻のように鍛え上げれた上半身の逞しさと、精悍な顔立ちで人気を博する選手ですが、ボクシングスタイルの印象は?
(渡邉)一久とのタイトルマッチ(2006/05/20)の前にスパーリングをやっているんですよ。合計で30ラウンズくらいでしたが、一緒に同行してくれたトレーナーも恥ずかしがっていたくらいにボコボコにされちゃって・・・。間合いのとり方が巧く、スピードもあって、パワーで何とかしようとしても無理でした。なので、あまり良いイメージはないんです。それでも8回やったスパーのうち、2回くらいは自分の方が優勢かなと思いましたが、一度は(横浜)光ジムでやった時で、もう一回は
福原選手は腕を痛めていたようで。万全の体調の時にはやられてしまいましたね。


-そんな苦手意識がマイナスに作用するのではないかという不安はない?
逆にそれがプラスになるんじゃないかと思っているんですよ。過去の経験から、向こうはやり易いと思っているんじゃないかという気がするし、対照的に自分はやり難さを感じているから、練習でも試合でも必死になって取り組まければならない。角海老に移籍して、ボクシングスタイルもガラッと変わったし、(田中栄民)先生 の指示通りに動ければ、問題ないと思っています。


-戦闘スタイルが変わったという話が出ましたが、具体的にどのようにモデルチェンジしましたか?  
打ち合いですね。自分から攻める、自分から当てに行くという気持ちが強くなりました。それは負けなしで来ていた頃にはなかったものなんで、あっちも変わったと戸惑うんじゃないかと思います。


-前回1月に行なった松村浩太郎(ミナノ)戦では速攻劇でカタをつけ、移籍初戦を飾りました。松村戦を自己評価してもらえますか?
日本人相手に初めて初回KO勝ちできたから、結果には満足していますが、KOするまでの過程(に問題があったん)ですよね。脚がガチガチで、その点では全然ダメでした。今回はどうなるかは分からないですが、この前と同じじゃ勝てないでしょう。


-失礼な質問になってしまいますが、日本タイトル戦以降、小林選手にとっては不本意な結果が続いたように思います。自分本来の能力を出し切れなかった原因はどこにあったと思いますか?
ボクシングを舐めていました。何とかなるだろうと思ってやっていましたから。そう考えると、応援してくれてる人たちを裏切っていたと思います。今はプロボクサーとしての意識を大分高く持つことができるようになりました。もうあの時と同じような負け方はしないです。


-福原選手と自分を比較して、「ここは負けない、あるいは勝っている」と自負する要素は?
試合を想定すると、僕の方が我慢強いと思います。それにあっちもパンチ力はあるけど、自分もしっかり打てれば負けていないと思います。あと拳の硬さ、強さには自信ありますね。


-ところで幼馴染みの前WBA世界ライト級チャンピオン小堀佑介 選手が22日に引退を声明しました。親友の影響を受けて、ボクシングの道を志したと伺っていますが、やはり小堀選手の存在は、常に意識にありますか?
意識しています。同じ小学校でプロボクサーは2人しかいないので、小堀が引退して皆寂しいだろうと思うんです。自分もあまりデカイことは言えないですが、バトンを引き継ぐというわけじゃないけども、まだ俺がいるんだというところを今度の試合では見せたいです。


-さて今回は58.0kgの契約ウェートでの試合。体重調整、体調管理など、フィジカル面のコンディションはいかがでしょう?
季節的には前回の方がきつかったですが、今回もやっぱりきつかったことに変わりはないです。でも自分を支えてくれるいろんな周りの人たちのお陰で、良い状態に仕上げることができました。朝昼晩と1日3度練習してきたので、サウナなしで(リミットまで)落とすこともできました。


-福原選手を想定して、上の階級の日本ライト級1位のデーヴ(加藤善孝) と幾度に渡ってスパーリングをこなしてきたようですが、充実した練習が積めたのでは?
不足なしです。デーヴは本当にパワーありますよ。他にもやりにくい奴いるし、全員とスパーできなかったくらい選手数もたくさんいるから、大分助かりました。


-今回の試合ではどのように戦っていくか、支障の出ない範囲内で教えてもらえますか?
守るより攻める。守っている場面でも常に攻める姿勢を持って戦いたいと思います。守りに入ったら勝てないと思うんで。


-最後に意気込みをお願いします
小堀とはスタイルも違うし、自分があいつみたいになれるか分からないけど、ボクシングをやっている以上はあいつには負けたくないという気持ちがあります。地元の人にアピールできる試合をしたいと思います。とにかく明日は絶対に勝ちます!!


エビ☆ログ


第1試合開始午後6時の予定。メインイベントは第7試合となります。

昨日行なわれた公式計量は小林選手がリミット一杯、福原選手が100gアンダーの57.9kg。

両者一発パスに成功しています。

生憎の空模様ではありますが、ぐずついた天気を吹き飛ばすような小林選手の戦いにご期待あれ!

応援宜しくお願いします。

角海老宝石ボクシングジムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス