だべってダンス

2017822

 

「だべってダンス」を担当した稲田です。今日は、来週催される「カドベヤ夏祭り」の中の「演芸大会」の準備をしました。歌あり、踊りあり、マジックありの演芸大会の最後に、出演者、観客の皆さん全員で盆踊りをしたいので、誰でもすぐに踊れる簡単で楽しい盆踊りを、みんなで考えることにしたのです。

 

音楽は、カドベヤのメンバーで歌が大好きだった大藪さんが作詞作曲した「ホラツキ節」。大藪さんが作って歌った曲がCDになっており、その曲を使うことにしました。その歌詞を見てみると、「会社さぼって、街をぶらぶらしていると、素敵な女の子がいて、俺ももてたいなー」といった歌詞です。会社や学校をさぼって街をぶらぶらしたい!、かっこよくもてたい! というのはみんなが共感できる詩ですよね。楽しい歌詞に合わせて、振付を考えることにしました。

 

その際、いろいろなアイデアを出してくれたのが、よさこいソーランのダンサーとして活動してきたみほちゃんです。今日は、衣装を着けてよさこいソーランも披露してくれました。現代的な振付の中に、舞扇を使ったり、日本舞踊風の動きが入っていたりと、かっこいいですよ! 来週の「演芸大会」でもみほちゃんが踊ってくれますので、お楽しみに。

 

そうして、みほちゃんをはじめ、小宮さん、姫ちゃん、シリュウさん、三千花さん、大崎さん、みんながアイデアを出し合って、楽しくキュートな「ホラツキ節」の振付が完成しました。みんな自由にアレンジしながら、笑顔でノリノリで踊ってくれました。来週は、踊る前に解説しますので、すぐに覚えて参加することができます。そのほか、演芸大会の中で小宮さんと姫ちゃんが踊ってくれる「炭坑節」も、最後に一緒に踊ります。この「炭坑節」は以前カドベヤで、和ちゃんが教えてくれたもの。これもすぐに覚えて参加できるはず。ほかに、「東京音頭」も踊りたいなあ。来週までに準備しておきますね。

 

 

 

盆踊りで楽しく踊っていたらおなかがすいてきました。今日のメニューは、カドベヤ特製ガパオライス、小林先生の農園から頂いたかわいらしいかぼちゃ、「赤ずきん」の煮つけ(恵子さん特製!)三千花さんの持ってきてくれたトマトたっぷりのサラダ、具一杯の味噌汁。美味しかったー。作ってくれた恵子さん、横山さん、姫ちゃんたち、ありがとうございました。先ほどまでレゴに熱中していた子供たちも、美味しそうにたくさん食べてくれました。よかった、よかった。

 

夕食後は、来週の「演芸大会」に向けての準備です。いろいろ相談したり、大崎さんが当日の出し物を「めくり」に毛筆で書いたり。来週に向けて盛り上がってきました!

 

 

 

829日は、「カドベヤ夏祭り」。午後4時から、慶應義塾大学の「寿Actionを行っている学生たちが交流会を開いてくれます。そして、530分から8時位まで、カドベヤに集う人たちによる(オールキャスト!)演芸大会を開きます。生演奏の歌あり、日本舞踊から前衛的(?)な踊りあり、マジックあり。最後は、「ホラツキ節」や「炭坑節」を全員で踊る「大盆踊り」で締めくくります。夏の暑さを、皆さんの笑顔と音楽、踊りで吹き飛ばしちゃいましょう! もちろん、その後に「夕飯」もありますよ。出入りは自由なので、交流会だけ参加しても、演芸大会だけ見ても、ちょっと疲れたら休憩しても大丈夫です。どうぞお気軽に、遊びに来てくださいね。お待ちしております。

AD