お子様連れのパン教室♪ | しらいし椿のつくる日記

しらいし椿のつくる日記

しらいし椿です。ライタ―、マンガ家で、お料理研究もやってま~す☆
つくったものを、ゆるゆる描いていくブログです。


テーマ:

おとめ座こんばんはー。椿です。

昨年12月からスタートした手づくりパンコース、

今年からスタートした米粉パン&お菓子コース。

きてくださっている方々、ほんとうにありがとございます。


ここのところ、お問い合わせが増えているのが、

米粉について。それと、もうひとつは、

子連れのレッスンについてなのですね。


お子様も、御一緒でもレッスン承っています。

ただ、そんな日は、お子様連れの方のレッスン時間を

早目にスタートしていただいています。お子さんが飽きない

時間内で、パンを焼き上げられるように♪

マンツーマンで

集中して、手ごねパンのポイントを覚えていってくださるように、

午前中はほかの方のご予約をとらず、レッスンを受けていただ

いています。お子様連れのレッスンをご希望の方は、お気軽に

時間やレッスン方法など、お問い合わせくださいませ♪


tsubakiroll@gmail.com

(しらいし椿宛て)


実は、わたくし椿、20代のころ、幼稚園に勤務しておりました。

ですので、お子様の対応には、慣れているほうだと思います。


そのころ、園児たちには、「おもしろ先生」とか呼ばれておりました。

せんせーは、おもしろくないのよ。ちょっとふざけているだけなの。

なんていうだけで、教室がわーっと盛り上がったりして、とても

可笑しかったのでした。ギャグのレベルが低くてもわーっなんですから。


私は、子供が好きだった。。。というより、子供の中にいると、とても

心が落ち着くのですね。そのころは、まだ独身で、自分の子供を持っていなかったので、

子供というものを俯瞰でみていたのが、毎日身近に一緒に過ごすひとになり、そのひとが

新しい発見をいっぱいあとからあとからさせてくれて、可愛いというか、

毎日少しずつ大きくなっていく「人」のそばにいられるということが、

私の心をなんともしあわせな気持ちにしてくれる環境だったわけです。


教師になったのは、もともとなりたかったというわけでは、実はなく。

そろそろ就職活動を、という時期に、私は長期で沖縄へ行きっぱなしだったり、

こちらにいるときは、アルバイト三昧で、アルバイトの合い間にデートしたりとか、

実家の商売を手伝わなければならなかったりで、寝る間を惜しんで、生き急ぐよにふわふわ

あちらこちら、動いていたのでした。気がついたら、まわりの友人はみんな、幼稚園への

就職や、音楽関係の仕事を決めていました。


私、やっぱり就職はしないらしい。

他人事のように、自分のこれからをのんきに占ったりしておりました。


そのとき、就職斡旋の先生が、

知り合いで、音楽スタジオをオープンするひとがいるから、

そこで、ピアノを弾ける子を探しているから、アルバイトだけどどう?


といわれ、受付けしたり、なかなか触れないスタインウェイのピアノを

毎日弾けると聞き、すぐ面接へ。そのころ、バイトでもオッケーなんで私~なんて

ひとは少なかったので、すぐ採用になりました。スタジオのオープン準備は

毎日楽しいものでした。本格的に忙しくなる前に、バイトの女の子たちで交代で

卒業旅行へいくことになり、私は友人のいる沖縄へすぐさま飛んで、踊ったり歌ったり、

ただただまっすぐの沖縄の道路を車で走らせたり。


でも、学生最後のバカンス、楽しみすぎまして。

帰ってきたら、私、音楽スタジオをくびになっておりましたの。

なんでくびになったのかは、まあ、長くなるのでまたの機会にして、

とにかく、働き先が突如なくなってしまったわけで。


仕方ないな~。実家の商売(ホストクラブや焼き鳥やさん等)を継ぐのだけは嫌だったので

アルバイトをひとまずしようと、コンパニオンのバイト(矛盾してるけど!)をしながら

過ごしていたのですね。ホテルの落成式とかで、乾杯のあいさつ終わると、

ばーっと飲み物くばるおねーさんいますよね?黒いロングスカートに白いブラウスの。

そう、そういうバイトです。コンパニオン。


バイトが終わって夜、うちに帰ってきたら、メモがありました。

「幼稚園から電話あり。何幼稚園かは不明。連絡いれること」と父の字で。


夜11時を過ぎておりましたが、何のことかなぞだったので、書かれていた電話番号を

まわしましたら、男の方がでました。


電話をいただいたのですが。


ああ、あなた、ピアノ弾けるでしょ?

幼稚園協会の資料であなたを知りまして。

家もお近いようですし、うちの園へ遊びにきませんか?


忘れてた。就活の先生が、協会に登録しておくだけでも違うぞ―とか

いってて、書類だけでも送っとくか~と幼稚園協会に登録してあったんだった。


幼稚園は好き。実習で1カ月ほど、卒園校で過ごさせてもらって

毎日楽しかった。


はい、では遊びにいきます。いつですか?


あ、明日、朝8時に職員室へきてくださいな。


明日の?朝に?


地元の幼稚園からの誘いに、なんだかキツネにつままれたような思いのまま、

ふらふら行ってしまった結果、保育が終わると、園長先生に言われたのでした。


明日から働いてね。

先生が急にやめちゃって困ってんのよ。

この3月の年度末に!お給料は決まってるけどいくらか聞きたいですか?


いえ~そのあの~。


ピアノひける先生がいないと、入園式できないんだよ?園児たちが入場できないのよ?


はあ。でも~あの。なんだ。あー、

はい~。やります~。


そして、翌日から、私はおはな組の先生に!


人生は、ときに流されるもの。

流れの淵に立たされたなら、とびこんでみるのも

これがなかなか面白いもの。


流されて始まった子供たちとの毎日が、のちの私を支えてくれることに

なるとは、このときは知る由もなかったですが。


そして、なぜか今は、パン教室の先生へと流れ着き~。

息継ぎ、いっぱいしながら、面白い泳ぎで泳いでいきます~。。


。。。。。。。。。。。って、長々ごめんあそばせ。

なぜにこんな話の

流れになったのかとよくわかんなくなりそうなところで。


お子様も、ママとパンづくり、一緒にたのしんでくださると、

わたくし嬉しいです。こどもは、たのしいことが大好き!

たのしむママも大好きだと思いますので♪


椿




しらいし椿さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス