東方神起曲 | 山本加津彦 ブログ

山本加津彦 ブログ

作曲家 山本加津彦のブログ 


テーマ:
本日発売の東方神起アルバム、

「I love you」
「愛をもっと」

の2曲、作詞・作曲・編曲をさせていただきました。



2曲とも、詩のストーリーは、聴いた方に解釈して頂きたい思いますが、

二人の代弁のつもりで書きました。


ただ、自分の思いもちょっと押し込ませてもらいました。


少し前に、前作、「シアワセ色の花」を聴いた方から、手紙をいただきました。
その手紙によると、その方は以前、家庭の環境から、鬱の病で、感情をなくし、自殺寸前だったと、そんな時にこの曲が支えになって、少しづつ感情を取り戻すことができて、前に進み、ようやく人生をリセットすることができたというお礼のお手紙でした。

これはちょうど震災後に、作った曲で、
震災直後は音楽でできることなんてあるのかと、しばらく曲が作ませんでしたが、
それでも、どこかで誰かに届くかもしれない、と作った曲でもありました。

だから自分が作った曲が、二人の歌を通すことによって、誰かの希望になり背中を押す、
こんな意味のある形になって届いてくれるなら、これ以上嬉しいことは無かったです。


もうすぐ3年が経ちますが、たった3年。


できれば、これから作る曲が誰かの希望の光になり得るなら、必要としている方の元へ、どうにかちゃんと届いてほしい、

届け!

という思いを込めて作りました。




それで、極力シンプルなものにしたいと、
「I love you」の方は、声を張らなくても、二人の吐息だけでも響く様、
完全生音で仕上げました。打ち込みは無し。
楽器も、マイクで拾える音だけ。

楽器を奏でる手の音や、呼吸まで入ってしまいそうなくらいの繊細なマイクを立ててもらい、
優しい音を重ねていきました。


1番はシンプルなピアノだけ。
2番から、ギター、チェロがうっすら入り、
弦カルテット(4重奏)になり、
そして最後は、これでもかと22人編成の壮大なストリングス。

他の曲と全然曲調が違いますが、
僕としては、これが、こんな東方神起の曲を作ってみたかったという形です。

是非、Full Verを聴いてください。


「I love you」

Piano:僕
Gt:川相賢太郎
Strings:門脇大輔ストリングス


「愛をもっと」
Piano:僕
Bass:越阪部智彦
Strings:門脇大輔ストリングス
Demo仮歌:長谷川雅洋

かつんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス