9月3日うーん上差し文科省の 感染症対策マニュアルが更新されましたね
塾にかかわる大きな変更点としては レベル1・2の地域に関しては、
横の席との間隔が、210cm→105cmまで縮まった事です。


このレベルってのは、どこの基準のレベルなんでしょうかうーんはてなマーク


学校ごとに地方自治体の衛生主幹部局と相談して慎重に判断されて学校ごとでレベルが決まるんですねひらめき電球
注意しなければならないのは、このレベルは自治体から発表されている感染症警戒レベルとは違うという事です



間隔が広いに越した事はないですが、決められた大きさの教室で決まった人数に決まった期間内に勉強を教えるのは学校も学習塾も同じです。

横210cmのソーシャルディスタンスを保つためにもともと1つだったクラスを2クラスに分けていた学習塾もあったかと思います。

文科省の感染症対策マニュアルが更新された事で、
2つに分けていたクラスを、地域によっては
横105cmの間隔をきちんと取りながら1クラスに戻せる所も出てくるでしょう。

学校で、2クラスに分かれていたクラスが1クラスに戻る事で学習が進む速度に違いは出てくるのでしょうか

いずれにせよこれは大きなニュースです。



文科省のホームページや各省庁から発信される最新の情報を知って塾の運営にいかしてください。





文:武田