諸外国からの輸入製品の注意事項 | 宮城県角田市で墓石の耐震性を追求した免震工法のお墓の製造と販売をしている岡田です!

宮城県角田市で墓石の耐震性を追求した免震工法のお墓の製造と販売をしている岡田です!

私で7代目!宮城県角田市でお墓(石屋・墓石販売店)の製造と販売をして頑張っています。仙南地域(角田市・亘理郡・伊具郡・柴田郡・白石市・岩沼市)を中心に工事を行っています。その日々の様子や活動などを紹介していきたいです。


テーマ:
宮城県角田市で墓石(お墓)の製造と販売、原石(山から切り出した状態)からのお墓の製作、リフォーム(お墓の磨き直し)、修繕・修復、建てた後のアフターサービス(点検メンテナンス)などを行っています七代目岡田です。

今日から11月(霜月)です。
朝晩の冷え込みが厳しくなりました💦

率直に寒い❗️
低血圧なので朝起きるのが大変です😅


今年も残すところ2ヶ月を切りました。
体調を崩さないように気をつけます。


弊社でも中国やインドから
出来合いのお墓などを輸入しております。

どうやって届くのかというと
木枠に梱包されてきます。

この梱包されてきた製品をバラして
一つひとつの部材(部品)を検品し
トラブルに繋がる欠陥品がないか
検査することが重要です。

そして、弊社では、検査が終了した製品を天日にさらして、トラブルに繋るような要因を隠していないかを検証します。

天日にさらして5日が過ぎて確認したところ
赤錆の模様が出てきました。

{644ACB3F-AD83-40FF-9469-4E5638E95DDD}

{BBAB4C4A-01D4-4B04-A8A8-F4C0D70115DE}

これが傷や割れに繋がる恐れがあるのかは、半年先なのか10年先なのかは分かりませんが、

とにかく、後から出てきたものですから、未然に防ぐことが出来ました。

今回は5日で出ましたが、石の種類やごまかしが出来る種類の場合には、半年後や3年後、または、5年後という場合もあります。



業界に、検品の大切さを広めたいです。

私で7代目さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス