お墓の点検を依頼された場合に持って行く道具 | 宮城県角田市で墓石の耐震性を追求した免震工法のお墓の製造と販売をしている岡田です!

宮城県角田市で墓石の耐震性を追求した免震工法のお墓の製造と販売をしている岡田です!

私で7代目!宮城県角田市でお墓(石屋・墓石販売店)の製造と販売をして頑張っています。仙南地域(角田市・亘理郡・伊具郡・柴田郡・白石市・岩沼市)を中心に工事を行っています。その日々の様子や活動などを紹介していきたいです。


テーマ:
宮城県角田市で墓石(お墓)の製造と販売、原石(山から切り出した状態)からのお墓の製作、リフォーム(お墓の磨き直し)、修繕・修復、建てた後のアフターサービス(点検メンテナンス)などを行っています七代目岡田です。


お盆やお彼岸時期にご相談を受けることが多いです。

その例として、年代によって違いますが、外柵の中の砂利(五色石)が減っていたり、花立の裏のゴム栓などでのご相談です。

その際はお客様がお参りに来る時間に合わせて墓所で待ち合わせをする様にしています。

お墓のズレや傾き、石の隙間を塞ぐ目地の剥がれなどを一緒に点検して、不具合がないかをチョックします。

そして、その際持って行く道具が水平器です。
石の傾きを診断する際に使用します。

※今朝方まで雨が降っていましたので、ワイパーも持っていきます。

{DC585F1A-8EEC-4E88-BAC2-CA6B1E9D7B8E}



あとは、石のズレや曲っていないかを測るスケールと差し金

{AD94F3AA-8105-4BD9-BE90-9F3AE3A8E825}

{345BF627-B30A-482B-B893-9E53F3E34540}


を準備していきます。

私で7代目さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス