歌舞伎観劇日記

歌舞伎観劇日記

歌舞伎にはまっています。
初心者ですが、できる範囲で通いつめています♡
ただのつぶやき感想の観劇記録です。

8/15は歌舞伎公演のハシゴをしてきました。


まずは、国立劇場の小劇場へ。


**稚魚の会・歌舞伎会合同公演**


音の会と同じく、こちらの会も毎回楽しみにしています!緊張しているのかな、と思う若い俳優さんたちの挑戦と、ベテランの俳優さんの芸とバランスよく混ざって、とっても見応えがあります。逆にいつもの本公演での俳優さんたちの演技を当たり前のように享受していてはいけないんだな、こういう訓練と経験の積み重ねがあってこそなんだな、と身が引き締まる思いもします。


*一條大蔵譚*


奥殿の場のみ。お友達がファンの尾上松三くんと尾上緑さんに注目して見ました。もともと綺麗なお顔立ちの松三くんがかっこよかった!セリフも良かった。緑さんは落ち着きはらっていて見ていて安心。


常盤御前の中村春希さんは東蔵さんを彷彿させる面立ちで、鷹揚とした感じがよかった。(春希さんは魁春さんのお弟子さん)吉右衛門さんのお弟子さんの吉兵衛さんが演じる大蔵卿はベテランの技!阿呆の演技がとってもチャーミングでした。


*棒しばり*


松緑さんのお弟子さんの松悟さんが次郎冠者で、芝翫さんの橋吾さんが太郎冠者で、大変に見応えがありました。お二人ともとっても良くって、先月松緑さんで見たばかりなのに、たくさん大笑いしました。松悟さんが棒の先のお酒を飲もうとするときのお顔、今思い出しても面白い
爆笑


*三社祭*


まだまだ続きます!大好きな三社祭の舞踊です。坂東やゑ亮さんと尾上音蔵さんの音羽屋コンビ!思わずニコニコ微笑んでしまいます。このお二人はいつも一緒に出演なさるイメージがあって、さすがな息の合い方です!細いのに二人ともすごい跳躍力。もう一度見たい。。。


*関三奴*


尾上音幸さんと貴緑(たかろく)さん。白い毛がついた長い槍を振り回すんですがダイナミックでカッコよかったです。残念なのはしっかりと隈取をとっていらっしゃったので、お二人がどんなお顔なのか全くわからなかったこと(←まったくもってしょうがない〜)


*与話情浮名横櫛*


まだまだ続きます!面白くってここまで一度も眠くなってません!


お富さんの好蝶さん、よかった!最初はお富さんにしてはおとなしいかんじ?なんて思っていたのですが、じわじわと味が出てきた目が釘付け。時蔵さんのお弟子さんらしく、この味はなるほどそこから!と納得しました。(時蔵さん、会場にいらしてました。カッコよかった
ラブ)


あとは橋吾さん!棒しばりもよかったし、この演目の和泉屋多左衛門は出てくるなり「わ、プロが出てきた!」って思うくらいの貫禄でした。


面白い番頭さんに大谷圭太郎さん。蝙蝠に坂東彌風さんは独特なお声で面白かったです。


時蔵さん以外にも又五郎さんや彌十郎さんもお見えでした。こういうかんじ、いいですよね〜!!


今年も大変楽しかったです。来年も楽しみにしています。来年までにお気に入りのお弟子さんが見つかったら、今回多くのお友達がしていたように来年こそはその方から買ってみようかしら。それもまた楽しそうです
ラブ







**蔦之会**


続いて日本橋公会堂に移動して、市川蔦之助さんの第二回目の自主公演へ!


(浅草公会堂へ行くところを国立で会ったお友達によって助けられました
爆笑爆笑)


第一回目も右近さんが出演されていたし、つい「つーたん、すごい!」と親しげに(こころの中で
爆笑)呼びかけてしまうほど、愛されている蔦之助さん。今回も客席が豪華でした。愛されています〜!


蔦之助さんのご挨拶の後、


*素踊り 吉原雀*


鳥売りの男に蔦之助さん。女に梅丸さん。


いつも美しく色っぽい女方の蔦之助さん。男性を演じる時は実にキリッと端正な踊りになります。背筋がピシッとして綺麗です!踊りが本当にお好きなんだろうなあと感じます!


そしてまるること梅丸さん〜!!素踊りでここまで可愛いが溢れているのは初めて見ました
ラブラブ普通お化粧もしない素踊りだと、所作や仕草によって女性っぽさを感じてドキッとしたりするじゃないですか。梅丸くんの場合、お顔も所作も全てそのまま全部可愛い。。。。ドキドキドキドキ衝撃的なかわいさでした。むしろ拵えがない素踊りのほうが可愛いのかも、とすら思います!!


*博奕十王*


休憩を挟んで、次は噂の博奕十王。澤瀉屋の演目です。


(休憩中には、第一回に出演された壱太郎さん、けんけん、國矢さんの声の応援メッセージが会場に流れました
ラブ)


蔦之助さんが伸び伸びと楽しそうに演じていらして面白かったです!!第一回目の流星とちょっと被るようなキャラの博打打ち役です。


踊りだけではなく、六道の辻で待ち構えている閻魔大王と獄卒の二人とのやりとりでセリフもちゃんとあります。


蔦之助さんがソロで踊る「桶狭間合戦」は半世紀ぶりに復活ということで、見応えがありました(でもちょぽいり長かったかも。。。他の場面が楽しすぎたので、それに比べるとです。ごめんなさい
あせる)


閻魔大王に松也さん。獄卒に荒五郎さんと音一朗さんという豪華な顔ぶれ。3人ともばっちり鬼のお顔なので、お3方のカッコいいお顔が拝めなかったのはちょっぴり残念(←しょうがないでしょ、パート2)でも、それぞれ素敵なお声と踊りを堪能しました。


最後はしてやったりの博打打ち。ほのぼのと大笑いして、楽しい演目でした。


カーテンコールでは、出演者全員が舞台へ。


流星、博奕十王、蔦之助さんはこの路線で行くのかな?次回はちょっとまた変わったシリアスなのも見て見たいなと思いました。また来年も楽しみにしています〜!



大ファンのあやはなさんのチケットホルダーももちろんゲット!博奕十王の衣装の蔦之助さん、そっくり!!