株で食べて行く♪ ~元OLの投資日記~

お小遣い稼ぎにやってたはずの株なのに気が付くと会社辞めて専業に・・・。

素人のあなたでも大丈夫!!(多分)

一緒に世界の機関投資家たちと戦いましょう


テーマ:

たいっへんご無沙汰してて申し訳ありませんでした

そーいえば こんなことやってたなぁ・・・と 久しぶりに

思い出しましたので (;・∀・)

書いてみたいと思います

    

・鬼より怖い一文新値
  
新高値をつけることは非常に嬉しいことですが

  前回の高値から、1文(今だと1tickですね)だけ高い値段で

  上昇が止まってしまうことは、非常に危険だよ、ってことです

  その値で止まることでチャートはダブルトップを形成し

  売り込まれるケースが多いのだそうです

    

・三空(さんくう)は売り
  「空」とは、前日の終値よりも高い値段で始まって

  その日は一度もその始値以下にさがらなかった場合に

  チャート上にぽっかり空く隙間のことです

  (「窓」ともいいますね)

  その窓が3日連続で続いた場合は、充分に加熱されてきている

  証拠ですので、そこで売っておいた方がいいよ、という教えです

  ただ最近はそれを見越して 2日目で仕掛けて来る銘柄も

  よく目にしますが (´ヘ`;)

  逆もまた然りなので、下に窓が3連続で空いた場合は

  買いのサインとなります

    

・利乗せは最後にやられる
  
利益がでている銘柄をさらに上で買い増していくと、いつか暴落して

  せっかく出ていた利益まで食いつぶしてしまうのでやめなさい、って

  ことです

  利益がでている銘柄だと、ついついもっと行くもっと行くと過信して

  買い増してしまって、結局買い単価を切り上げてしまい

  じきに来る暴落で目も当てられない状態になります

  「利食い千人力」ってことですね

        

しかし これ書いてて思いますが

相場に関することわざや格言は昔も今も変わりないんですね

人の言うことは聞くもんです(しみじみ)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

おひさしぶりです

ことわざ編 その4です

週末に株のことを考えるのはこの程度がいいですね(笑)

     

・もうはまだなり、まだはもうなり

  これも有名なことばですね

  なかなか思うように行かないもんだ、ということでしょうか

  たとえば 悲しいほどどんどん値下がりしている局面として

  「もう」こんなもんが底だろう、これよりはもう下がらないだろう

  と思って見てると 更にまたそこから突っ込むこともあるので

  「まだ」下がるかも知れない、と思ってみることも大切だ、

  ということ

  車の「かもしれない運転」と同じことです

  株価がガンガン上がり続けているときもそうですね

  ほら行くまだ行くもっと行く、と有頂天になってるときは

  株価もそこが天井なことも良くあるので

  「まだ」ではなく「もう」かも知れない、ということも頭に置いて

  例えば 少しだけ利確してみるとか

  買い増しをしたくなってもちょっと様子を見るとか

  そういったリスク管理も大切であるということ

  これが難しいんですけどね

  私は大抵 買うときに売値と損切りラインをあらかた想定します

  その後の流れに応じて変更していくこともありますが

  一旦高値を付けて再び自分の想定ラインを割って来たら

  迷わず売ります

  その後 再度上げて行ってももう知らんぷりです

  人間 あきらめも肝心です(笑)

   

・戻り待ちに戻りなし

  (・∀・)人(・∀・)ナカマ! な言葉として

  「押し目待ちに押し目なし」っていうのもあります

  どうすりゃいいのかしら、って感じですね(笑)

  株価が下落トレンドのときに 戻ってきたら売~ろう、と

  思って待っていても 同じことを考えている人は他にも

  たくさんいるのでなかなか戻らずにもっと下げて行って

  しまうことが多い、ということ

  とりあえず売りたくなったときに一旦売って下で買い直す

  という方法もあるよ、ってことですね

  しかし 売った途端に戻すことも多々あるのですよね

  買うと下がる、売ると上がる・・・

  こんなことが続いたら しばらくお休みしましょう(汗)

    

・野も山もみな一面の弱気なら、あほうになって買いのタネまけ

  私の大好きな言葉ですが(笑)実践するのは非常に難しいです

  人と違うことをしないと儲からない、ってことですね

  例えば先日の小暴落

  郵政民営化の採決前に下げましたが

  結果論とはいえ あそこで損切りせず買いに回った方は

  短期でリバ取りに成功したはずです

  新興は相変わらず何かちょっとまだアレですが(汗)

  本当は新興も 銘柄を間違わなければ今こそ買いなのかも

  業績が良く人気もあるのに周りにつられて下げてるだけ

  なのもありそうです

  (※ご投資は自己責任でお願いいたします・・・)

  私は大抵 下げてる途中で少しずつ買ってしまって

  最後に大底付けたときには余裕がなくてもう買えなかったり

  するのですが(汗)

  最近は暴落に備えて余力を常に蓄えて置くことも

  できるようになりました

  暴落・損切りを経験するたびに上手になるようですよ(笑)

        

では

明日1日ゆっくり休んで

また月曜からがんばりましょう~♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

週末は まったり行きましょう

ぼちぼち ネットサーフィンでもしながらお読みください~

       

さ、今日はこちらです。

   

・休むも相場

  ・・・すみません、しょっちゅう休んでます(汗)

  人間 欲を出すと切りがないもので

  儲かってるときはもっともっとと思うし

  損してるときは取り返そうとしてやっきになります

  あせってしまって普段だと手を出さないような物に

  無理に攻めて行って 被弾することもしばしば

  いつもいつも何か売ったり買ったりしていないと

気が済まない

  相場中毒のような状態に陥ることもありますが

  冷静になって 休んでみることも大事だよ って

  ことですね

  これが結構難しいんです

  きゃあ~~~ごっごっごっごぉ~~♪ とか

  言ってるときは

  アドレナリン出まくりで 普通の精神状態では

  ないですから 無理はしないようにしましょう

     

・指値は取り消すな

  最初に注文出した時の指値って

  いろいろ吟味して出した値段なんですよね

  それなのに せっかくその指値まで近付いて

  来たときに慌てて逃げて指値を上げ下げすると

  大抵ロクなことがないよ、ってことです

  私もいつもいつもこれで失敗します(涙)

  これなら買ってもいいな、と思って出した値段

  なのに、近づいてくると怖くなるんですよね

  で、数段下に指値を変えると 結局そこまでは

  下げて来ないで切り返すことがしばしば

  売るときも お、もっと高く売れそう♪ と思って

  指値を上げると だいたいそこまでは来ないで

  ズル下げ

  当然 逃げたほうがいいことも多々あるんですが

  私の経験からすると 大体 7:3くらいかな~

  変えないほうが良かったことが7くらい

  でも実際はわかりませんけどね

  人間 都合のいいことはすぐ忘れますから(笑)

  みなさんはいかがですか?

・見切り千両

  ずばり 損切りは大事だよ ってことです

  損を小さく抑えることによって大きな損を避ける

  ことができれば それは値千金ってことですね

  非常に難しいですが

  上がると信じて買った株だから

  事実を認めたくないというか

  こんなワケない、みんなが間違ってる って

  思ったり

  じっと粘り強く持ってて じきに戻してくれる

  こともありますが

  一旦 小さな損のところで切っておいて

  下げ切って再び上げに転じそうなところで

  もう一度 拾い直すという手もあります

  下で拾えればそれだけリスクは小さくなりますから

  例えば ある株を100万円で買ったとします

  じわじわ下げてきて 95万円になりました

  ここから戻しそうだ、と思えばそのままホールドも

  作戦の一つですが

  まだ下げそうだな、と思うときに

  95万で1回売るとします

  そしたら手元には 95万円の現金が入ります

  そこで下げてくるのを待って 92万円で再度

  この株を買えば 手元には株が1個と現金が

  3万円残ります

  そして再度 この株が98万円に戻したときに

  売れば 手元には98万円+3万円で101万円の

  現金ができます

  一旦売らずにそのまま持ったままだと 98万円まで

  戻しても 手元には2万円含み損の株が1個 と

  いうことです

  実際にはなかなかこううまくは行きませんが

  損切りを負け戦とは思わずに 作戦変更・ポジ整理と

  思えば そんなに悲しくありません(笑)

  迷ったとき・どうしたらいいのかわからなくなったときは

  思い切って少し身軽になってみるのも一つの方法かと

  思います

     

ではまた

次回もよろしくお願いいたします♪

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回 大変ご好評を賜りましたこの企画

調子に乗ってシリーズ化することに決めました

今後ともよろしくお願いいたします♪

    

今日のご紹介は こちらです~

   

人の行く裏に道あり花の山

  非常に有名なことわざです

   人が行かないところにこそきれいな花が咲いているものだよ

   ・・・ということは 結局

   人と同じことをしていても儲からない ということですね

   みんなが一気呵成に うわ~~っと買い上がってるときに

   いっしょになって付いていっても気付くと天井で掴まされてる

   ことも多々あります

   運よく逃げ切れたとしても薄利だったり

   だから いかにして人の目がまだ向いていない

   良い銘柄を割安のときに仕込んで

みんなが買いに集まってきたときにゆうゆうと売るか、という

こと

しかしそれもまた 安いところを買ったはずが またそこから

   どんどん安くなって行ってしまうこともしょっちゅうあります

ので、用心することが大切です

   こんなこと書いてると 本当に株って難しいな、と思います

     

・知ったらしまい

  噂で買って事実で売れ、ということです

   株価高騰の材料っていろいろありますよね

   新製品の開発・他の企業と提携・業績上方修正・分割など

   これらが公表されてみんなが知ってしまった後は

もうおしまい、利確しなさい、ということ

   いかにこれらを事前に察知して仕込み 公表されて株価が

   噴いた時に売り抜けることができるか、ということです

   本当は難しいですけどね、インサイダーでもない限り(汗)

・すべての卵をひとつの籠に盛るな

   もともとは海外の格言の直訳です(そんな感じでしょ?)

   Don't put all your eggs in one basket.ですね

1銘柄に集中して投資することはリスクが大きいので

分散して投資しましょう、ということ

思いっきり1点集中投資されている方も時々お見受け

   しますが、当たれば大きい反面 外れたときの被害も

   考えて 赤ちゃんのうちは複数の銘柄に分散させて

   おいたほうが無難だと思います

株式・外貨預金・現金貯蓄などに資産を分けておくことも

1つの方法です

    

   

今日はこのあたりで

また次回をお楽しみに~♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

すっかりご無沙汰してしまっているこのシリーズ(汗)

こんなことではいけない! と

今日は ちゃっちゃっと書ける題材にいたしました

これまた シリーズ化するつもりでおります(笑)

    

株に関することわざ・格言には

時代を超えて通用する教えがたくさんあります

その中から 赤ちゃん向けのものを選んで

自戒の意味もこめて(汗) 心に深く刻みながら

ここでご紹介して行こうと思います

  

今日のご紹介は

  

・いのちの金に手をつけるな

  いい言葉ですね~

  誰しも 始めから損しようと思って投資する人はいません

  みんな これは儲かる! と思って株を買うのですが

  予想する通りに100%うまく行くことなんてそうありません

  大抵 上がると思って買ったのに下がったり

  昨日のテロのように予期せぬ出来事でひっぱられたり

  思うように動かず売れるまでに時間がかかったりします

  そんなときに 余裕資金の遊び金でやっているなら

  機を待ってしばらく持ったり 一旦損切りして様子を見たり

  ということもできるのですが

  これが 今月どうしてもローンの返済に必要なお金 だとか

  来月の生活費を増やそうと思ってついつぎ込んでしまった、とか

  いうことだと どうにも動きが取れなくて冷静な判断もできなく

  なってしまいます

  くれぐれも 投資は余裕資金で行うようにしましょう

     

頭と尻尾はくれてやれ

  株を買うときは誰でも 一番安いところで買って一番高いところで

  売り抜けたい、と思いますよね

  でも本当はそんなこと ご本尊でもない限り無理なんです

  だから せっかく安値圏なのに いや、まだもう少し下がる

  はずだ、と思って買いそびれたり

  買ってすぐに1円か2円下げたからといって投げたらそこが

  底だったり

  はたまた せっかく高く売って利益を得たのに そこから更に

  上がって行くのを見て慌ててもう一度飛びついたらそこが

  天井であとは下がるだけだった、ということも良くあります

  自分の納得いく値段で売買できて ある程度利益が出たので

  あれば あとの頭と尻尾の部分は他の人にあげちゃっても

  いいんだ、ということですね

  えらくおっきい頭と尻尾だったりしますけど(笑)

  まぁ 次は自分がそこの部分をもらえるかも知れない、とでも

  思ったらいかがでしょう

  市場の利益を全て独り占めしようなんて思わない方がいいです

    

利食い千人力

  よく耳にすることわざだと思います

  いくら自分の持ち株がドンドン値を上げているとしても

  実際にそれを売って利益を確定するまでは それはただの

  「含み益」でしかないのですね

  ほれほれ まだ上がる どんどん上がる・・と思っていても

  株の値動きに絶対はありません

  一寸先は闇かもしれません

  自分の思う値段に行きつかない内に下げてきて

  また戻すだろう、と思って構えているうちに

  気が付くと含み損になってた・・・ということも良くあります

  株を買うのも難しいですが 売るのも非常に難しいです

  売って 利益が出たのであれば そのあと上げることが

  あってもくよくよしない方が身体にいいです

  明日の10万より目の前の2万! と思いながら

  いつも利確してます

  死んだ子の歳は数えません~

   

ではまた♪

週末の2日間は株のことはすっかり忘れてすごしましょう~ 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

私がまだスーパーウルトラ赤ちゃんだった頃に

(今もそう変わらん、という突っ込みには耳を貸しません)

一番ギモンだったのが「カラ売り」の仕組みでした。

どうして持ってない株を売れるの?

どうしてこんなに毎日毎日下がるの?

みんな一体どれだけいくらで持ってたらこれだけ売りが出るの?

って 周りに株やってる人があんまりいない頃は

1人でボード見ながらいぶかしがっていました。

スーパーウルトラ赤ちゃんだと まだ信用口座を

作っていない方が多いでしょうし

信用取引やカラ売りはリスクも大きいので

ここではそのシステムだけをご説明します。

     

カラ売り、は 漢字で書くと「空売り」です。

空売りは 証券会社に信用口座を持っていないとできません。

株を持っていない人が 他から株を借りて来て売却し

あとで株を返却することを言います。

株は 安く買って高く売れば利益が出ますよね。

じゃあ順番を逆にしてもいいじゃん、と

先に高く売って 後で安く買って返しても利益が出るのですね。

通常 一般の投資家なら 証券会社から株を借りて売り

市場で買って返却します。

借りるんだから 借り賃がかかります。

その他 同じように株を借りている人が多くなって株が不足した場合

「逆日歩」(ぎゃくひぶ)というのがかかります。

これは株の不足状況や株価などによって異なりますが

最低で 1株あたり1日5銭、1000株単位の株だと50円です。

高い場合は1日1株あたり何十円もかかります。

株の借り賃、逆日歩、それに往復の手数料を差し引いたコスト以上に

空売りした価格よりも下で買い戻せれば その空売りは成功です。

   

ただし 全ての銘柄が空売りできるとは限りません。

新興銘柄にはできないものも多数あります。

また 空売りができる株でも

貸借銘柄に指定されている銘柄だと 証券会社は

証券金融会社から株を借りることができますので

調達が容易で 借り賃も安いです。

ただしこの場合は 返済期限が6ケ月と決められています。

貸借銘柄に指定されていない銘柄を投資家が空売りする

場合は、証券会社が自分で株を調達せねばなりません。

機関投資家などから借りて来てくれます。

よって返済期限は無期限ですがその代わりに借り賃が

高くなります。(証券会社ごとに異なります)

貸借銘柄で半年の期限で行う信用取引を制度信用取引、

それ以外で無期限で行うのを一般信用取引といいます。

空売りしたい銘柄が 空売りできるのかどうか、

また 制度信用が利用できるのか一般信用になるのかは

証券会社の注文画面にコードを入力すれば出て来ますので

お試しください。

    

その他、空売りの便利な利用法として

「つなぎ売り」というのがあります。

自分が現物で持っている株を売りたい、

でもここからあとどっち行くかわからない、というときに

とりあえず 現物を手放さずに空売りをしてみることをいいます。

もし 株価がそのあと下がらずに上がって行った場合は

上で買い戻すと損しますので 現物を返却しておしまい。

「もうちょっと抜けたなぁ・・」というぼやきは出ますが(笑)

もしそこから下げた場合は 現物には触らずに下で買い戻して

返してもいいし、

しばらく下げてそうだな、と思うときは現物で一旦返しておいて

下げたところで現物を再度買ってもいいわけです。

株を持たずに空売りするよりも気が楽ですよね。

だから例えば いくら株価が下がってもまた戻してくるだろう、と

思う東証1部の銘柄等を 大暴落大恐慌ブラックマンデー?(汗)

というときに現物で買っておくと

上げたときにつなぎ売り、下げたら買い戻し、を繰り返せて

何度も利益が取れます、理論上(笑)

なかなかこれがわかっていても出来ないことが多いんですけどね、

大暴落だと怖くて買えなかったり つなぎ売りした後しばらく上がっていくと

不安になってすぐ現物で返してしまったり。

私はいつもそうです。 そろそろオトナになりたいです。

    

空売りのリスクは、買いと違って上値には際限がないこと。

たとえば 現在の株価が50万円の株があるとして

これを買って持っている場合 もしものことがあってこの会社が

倒産、紙くずになったとしても損するのは50万円で済みますが

空売りした場合 空売りした瞬間からドンドン上がって行って

そのうち落ちてくるだろう、と思ってるうちに150万円になることだって

絶対ないとは言えません。

しかも買いなら 塩漬けにしてじーーーっとガマンして戻すのを待つ

こともできますが、売りだと買い戻して返すしかテがありません。

まぁ 150万円になる前に投げろよ、とは思いますが(笑)

これに限らず 株の取引には常にさまざまなリスクが伴いますので

みなさま くれぐれも用心してお金儲けしましょう。

   

赤ちゃんからのご質問、

また 大人の方からの 「ちょっとここ違うみたいだよー」 っていう

訂正のご意見などありましたら コメントいただけると幸いです。

mamikoroもまだ 小学6年生くらいですから(笑)

    

楽しい日曜日を♪


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昨日、4813 ACCESSという会社が 500億円分のMSCBを

発行、これを嫌気した売りが出て昨日は前日比40万円安い

183万円のストップ安に貼り付きました。

数ヶ月前までは300万円していた株です。

では これだけ株価を下落させる原因となったMSCBとは一体

なんでしょう?

    

MSCBとは、Moving Strike Convertible Bond の頭文字をとった

もので、日本語では「(円貨建)転換社債型新株予約権付社債」

と言う名前で発行されています。
CBと違うのは株式への転換価格が修正されてしまうことですね。

この転換価格の修正というのがネックです。

今回の場合、ACCESSは野村証券あてに500億円分のMSCBを

発行しました。転換価格は最初 235万円とされていますが

株価の変動に応じて今後は 118万円を下限として修正される

取り決めとなっています。

とすれば、野村証券の立場からすると株価が思い切り下がって

下限の118万円で転換させた方がより多くの株を受け取ることが

できるのでたくさん儲かるわけですね。

しかも株価が下がるほど 野村に渡される株が増えて希釈化

されるわけで、1株あたりの価値はそれだけ下がることになり

ます。スパイラル状態。

一般の株主はたまったものではありません。

では、株価を下げてたくさんの株を受け取るために野村は

どうするか。

公表される義務はありませんので今回の場合は定かでは

ありませんが、普通 こんなときは会社が引受先に対して

株を貸します。

株を借りた引受先は その株を使って売りを建てます。

バンバン空売りをします。

しかも普通の空売りなら下で買い戻す必要がありますが、

この場合は買い戻して返す必要がありません。

MSCBを株に転換させて現物で返せばOKです。

一番儲かるのは野村、二番目はACCESS、大損するのは

株主です。恐ろしいことです。

何度かデイトレでこの株を扱っていた私ですが

良く今回はひっかからなかったものだと自分でもカンの良さに

驚きました。

友人から「ほんとに買ってない?」とメールがきました(笑)

多分インサイダーでしょうが その前から随分と安くなってた

んですけどね、何だか買う気がしなくて。

    

今回のこのMSCB発行を社長に思いつかせたのは

ほりえもんなのではないか、と私は思います。

そうだ、その手があったじゃん、と。

ほりえもん効果で 株主パワーを会社に再認識させたり

配当を増やす会社が増えたり、といろいろといいことも

あったんですが、こんな思わぬところでの罪作りも

あったんですね。

投資は自己責任、と言われればそれまでですが

こんな事態は一般投資家には事前に知る由もなく

腹が立って仕方ありません。

それがイヤなら東証一部の国際優良株だけで

トレードするしかないのでしょうか。

あらためて 恐ろしい世界であると感じました。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

このシリーズ第10回。

本当はもっと頻繁に書きたいのですが、やっぱりこういう記事って

ウソ書くわけに行かないので 一応ちょっと資料を確認してから

書いたりするので(笑)時間かかってしまいます。ごめんなさい。

   

今日は、株式分割について書きたいと思います。

以前は 持ち株が分割を発表すると3日くらいの連続ストップ高は

当たり前でしたから、ホルダーは夢心地だったのですが

最近はせいぜい1日、ヘタすると翌日だけ寄り天でその後

下げたりするので扱いが難しくなりました。

     

そもそも株式分割とはなんでしょうか。

企業が 1株あたりの単価を下げ 流動性を高める事などを目的として

1株をいくつかに分割し、発行済みの株式数を増やすことです。

例えば、1株を2株に分割すると、その株式を保有していた人の

持ち株数は自動的に2倍になります。

1,000株保有していれば2,000株になるんです。

でも、株数は2倍になりますが、それに応じて資産価値も2倍に

なるか、というと そうではありません。

理論上、1株の価値は半分になりますので、資産価値は分割の前と

後で変わりません。

また1株当たりの配当を企業が据え置いたままですと、株主に

とっては実質 増配と同じ意味を持つこととなります。
    

ただ、分割数に応じて1株の価値が下がると言っても

実際には企業の目的通り 単価が下がって流動性が高まることや

分割権利確定後 子株が拘束されている間は 単価が安いのに

株数は少ないままの状態となること などから株価が高騰することも

多く、それを先回り買いしようとする投資家の思惑があいまって

株式分割発表直後は値を上げることも多いんですね。

逆に 分割日が近付いて来ると、子株の拘束を嫌って権利を取りたく

ないホルダーたちが売り抜こうとしますので、乱高下したり下げたり

することも良くあります。

   

では、たとえば 今月末に株式の分割が予定されている株の分割の

権利を取りたいと思ったら いつまでに買えばいいのか。

5月31日に買ってもダメです。

株の世界の慣例として 株の受け渡しは売買日を入れて4日後、

ただし 決算銘柄や 分割・配当などの権利が絡む場合は

5日後となりますので(市場が休みの日は除いて数えます)

今月の場合は25日が最終権利取り日となります。

逆に 今もっていて権利を取りたくない場合はこの日の場中までに

売ればいいということです。

では、分割したら 子株はいつ来るのか。

銘柄によって、また証券会社によっても多少異なりますが

通常 分割日から数えて50日後くらいでしょうか。

現在発表されている分割銘柄の分割株数、権利取り日、

子株還流日については ここ を参考にしてください。

私の知っているところでは 野村証券は効力発生日の1日前から

松井証券は効力発生日当日から その他の多くの証券会社は

効力発生日の翌日から 子株を売却できるところが多いようです。

    

あと、注意しなければならないのは

分割銘柄を 信用口座の担保として用いている場合です。

(スーパーウルトラ赤ちゃんはまだ信用口座持ってないかも)

子株を拘束されている間は その子株を担保にすることは

できませんので、信用口座の余力が少なくなります。

2分割の場合で半分、仮に10分割だと1割の余力になって

しまいますので、忘れていると追証が発生することも。

特に塩漬け株が分割するときなどはあまり頭にないので(笑)

気を付けましょう。

   

いきなり100分割という当時では禁じ手(笑)を最初に使ったのは

ほりえもんではないかと思いますが

その発表前に6万円でライブ(当時はまだエッジでしたが)の株を

買っていた私は そのときの100分割→さらにその後の10分割で

いいおこづかいを頂戴しました。

今もってたら 60,000÷100÷10=1株60円が310円ですので

5倍以上です。 

残念ながらとうの昔に売りましたし 持ってたのも2株でした(笑)

その他 記憶にあるところで日本駐車場開発の21分割、

インボイスの21分割後の11分割、楽天の10分割など

大型分割の場合はタイミング良く上手に拾えれば

値幅が取れることも多いですね。

ただし くれぐれも高値掴みには注意、そして 

利確千人力 です。

   

投資は自己責任で♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本シリーズ第9回です。

今日は、ミニ株について書いてみようと思います。

    

初心者の方で、資金が少ないから とか

初めから大きな金額の売買は怖いから とかいう理由で

ミニ株をやってみようと思っている方もいらっしゃると

思います。

ミニ株は、通常の単位株の10分の1の数量で

売買できます。

1,000株単位の銘柄だと100株から売買できるのです。

証券会社の手数料もミニ株用に別途 料率が設定

されています。

しかし、結論から言うと

あくまでも私個人の意見ですが、初心者といえども

ミニ株での売買はお勧めしません。

その理由を以下に挙げたいと思います。

    

・売買の指値ができない

 ミニ株の場合、注文を出した翌日の寄り値での売買となります。

 いくらで買いたいかこちらで指定することができず

 成行きにまかせるしかないのです。

 とんでもない値段で寄り付いてその後大きく動いたとしても

 なす術がありません。

 これでは儲かるものも儲かりません。

   

・前の日に注文を出して翌日約定

 前の日に出した注文は取消ができません。

 売り注文を出した日の夜 アメリカが大暴落しても

 翌日の朝の寄り値で売るしかないのです。

 逆に 買い注文を出した日の夜 アメリカが爆上げしたら

 翌日 寄り天であれどうであれ 言い値で買うしかありません。

 まるでぼったくりです(笑)

    

・銘柄が限定されている

 最近はかなり増えては来ましたが、やはりまだ

 東証・大証の1部銘柄が中心です。

 流行りの1株単位の銘柄等は売買ができません。

    

・コストが割高

 証券会社によっても違いますが、ミニ株の売買手数料は

 片道 700円~1,000円程度のところが多いです。

 700円、といいますが 仮にミニ株を1つ買うとすれば

 単位株当たりに換算すると片道7,000円分。

 大手証券会社の窓口並みですよね。

 せっかくネット証券でコストを安くあげようとしているのに

 これではきついです。

    

私もごくごく初心者の頃、作ったばかりのマネックスの口座で

三洋電機をミニ株で購入した経験があります。

しばらく持っていたのですが、そんなに派手には上がらず

考えた結果 手数料負け程度で損切りしました。

寄値で売った形になるので損切りでしたが、

本当ならその日の高値で売れれば利益が出たはずでした。

しかし、これは後で知ったのですが

ミニ株はミニ株なりに 株の配当金が証券会社を通じて

口座に入ってくるんですよね。

この時も 売ってしばらくしてから 100株分の配当金が

入金されて、結局収支は数百円のプラスとなりました(笑)

株主優待品も 証券会社ごとに送って来るらしいんですが

ミニ株の株主全員分は数がありませんので、

証券会社によっても違うと思うのですが 抽選して当たった人に

転送してくるような話を聞いたことがあります。

   

このように、ミニ株は小額で投資できるメリットもあるものの

不自由な点もいろいろありますので、

最初から 宝くじのつもりで買うとか、

しばらく売る気はないから別に気にしない、という以外は

果たしてどうなのかな、と思います。

それよりも 小額でも単位株で買える優良株

(ボロ株は怖いですから)を探してやってみる方が

いいのではないか、と思います。

証券会社のスクリーニング機能を利用すれば

〇〇万円以下、などと指定すれば検索できますし

10万円以下で買える株 なんてサイトもありますから

参考になさったらいいかと思います。

  

投資は自己責任でお願い致します。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 東京証券取引所は10日、産業再生機構の支援で再建中の

カネボウ株を上場廃止にする方向で最終調整に入った。

過去5年間で2000億円を上回る粉飾決算が明らかになり、

上場廃止基準に抵触するとの判断を固めた模様だ。

上場維持の特例を認めれば市場の信認が失われるためで、

東証は来週中に最終決定する見通し。
 再生機構は、カネボウが自発的に粉飾決算を公表したことに

加え、廃止になれば、企業再生が萎縮するとして上場維持を

要請していた。

再生機構は、カネボウ株が上場廃止になっても、再生への影響は

ほとんどないとして、上場廃止後もカネボウの支援を続ける。
東証はカネボウの粉飾決算が上場廃止基準に該当するとの

検討結果をすでに金融庁に説明している。
カネボウは昨年10月末、旧経営陣による粉飾決算の疑いを

公表した。

東証はカネボウ株を監理ポストに移して審査していた。

カネボウの債務超過は96年3月期から9期連続だったことが

分かっている。

                                          (毎日新聞) - 5月11日3時3分更新

     

粉飾決算「財務諸表の虚偽記載」で、上場廃止基準に

抵触しますので、仕方ないでしょうね。

再生機構が 11万人の株主への影響と旧経営陣が既に

一掃されていることを理由に反対していましたが、

ルールはルールです。

   

上場廃止が決まると、カネボウ株は監理ポストから

整理ポストへ移され、1ケ月間取引された後 上場廃止と

なります。

では、もしカネボウの株を持ったまま上場廃止を迎えると

どうなるのか。

カネボウの場合、会社がなくなるわけではないので

紙切れになるわけではありません。

しかし、証券取引所での売買ができなくなる訳ですから

株を買い取ってくれる人を自分で探す必要があります。

値段だってもちろん 自分が「買ってくれ」という立場なら

思うような値段ではなかなか売れないですよね。

では、そのままずっと持ってるとどうなるか。

株主としての立場は変りません。

もしもカネボウが配当や株主優待を行うなら

(通常 上場廃止になるとあんまりありませんが)

それを受け取る権利もあります。

また、もしかしたらもしかして いつの日か経営再建

できて再上場できる日がくれば また市場で売れるように

なりますし、株価も上がる可能性があります。

しかしこれには うまく行ったとしても数年かかります。

    

どちらにしても、上場廃止となれば 赤ちゃんたちはあまり

関わらない方が良さそうです。

おそらく1ケ月の間 熾烈なマネーゲームが展開されることと

思いますが、もしゲームに参加するなら 致命傷を負わない範囲で。

くれぐれも高値掴みされませんよう。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。