IPO初値予想 BASE | IPO勝ち組ドットコム

IPO勝ち組ドットコム

上場 ZMP IPO IPOブログ IPO初値予想 タイアップ 株主優待 キャンペーン 新規公開株

IPO BASE 4477 マザーズ


■上場日10月25日■想定価格1630円■100株単位■業種 情報通信業

仮条件1150~1300円■BB期間10月8~15日■公募価格10月16日

事業内容 Eコマースプラットフォーム「BASE」及びオンライン決済サービス「PAY.JP」の運営等
公開株数 公募52万2600株 売出670万4800株 OA108万4100 

■市場吸収金額約108億円■時価総額約 251.5億円

 

 

各社割当数

■主幹事 大和証券・・・5万5651枚

■主幹事SBI証券・・・1万841枚

みずほ証券・・・2349枚

野村證券・・・1084枚

SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、いちよし証券・・・723枚

極東証券・・・180枚

 

 

業績予想

 

アメーバ予想PER

売上は堅調ですが、赤字予想です。予想PER‐倍

市場吸収金額最大約108億円、時価総額最大約 251.5億円

 

 

【IPO勝ち組ドットコム×アイネット(旧IPO)証券タイアップキャンペーン】

【特別限定企画6000円以上の投資本無料プレゼント】

投資苑を無料プレゼント 詳細記事はコチラ⇒投資苑 無料 プレゼント

無料でゲットする手順はコチラ⇒投資苑 プレゼント 

 

アメーバ事業内容

PaymenttothePeople,PowertothePeople.」をミッションとして掲げ、連結子会社であるPAY株式会社及びBASEBANK株式会社の計3社で構成。

Eコマースプラットフォーム、オンライン決済サービス及び資金調達サービス等の事業を営んでいる。

Eコマースプラットフォーム「BASE」を提供するBASE事業を、連結子会社であるPAY株式会社では、クレジットカード決済によるオンライン決済サービス「PAY.JP」及びID決済サービス「PAYID」を提供するPAY事業を展開。

また、同じく連結子会社であるBASEBANK株式会社では、「BASE」を利用するショップオーナーに対して事業資金を提供する、資金調達サービス「YELLBANK」を中心としたその他事業を展開。

「BASE」を通じて、個人及びSMB層(SmallandMediumBusiness)をエンパワーメントすることに、また、「PAY.JP」を通じて、スタートアップ企業を支援することに注力している。

 

アメーバ主要株主 公開日前発行済株数 1882万2000株

鶴岡裕太 21.13% (売出)

グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合 9.31% (売出)

(株)サイバーエージェント 8.74% (売出)

SBI Ventures Two(株) 8.04% (売出)

グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 7.71% (売出)

(株)丸井グループ 6.11% 

(株)メルカリ 6.02% 

Fin Techビジネスイノベーション投資事業有限責任組合 6.00% (売出)

イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合 5.52% (売出)

(株)partyfactory 5.08%(売出)

 

VCあり。ロックアップは180日

注意上記の赤字は180日のロックアップ対象(ただしロックアップは1.5倍で解除)

注意上記の青字は180日のみのロックアップ対象。

 

アメーバ売出

 

 

銘柄名はBASE マザーズ上場

事業内容はEコマースプラットフォーム「BASE」及びオンライン決済サービス「PAY.JP」の運営等

本店は東京都港区六本木。設立2012年。

想定価格1630円に対し仮条件が1150~1300円と大幅に下振れ。

公開規模は最大約108億円、時価総額251.5億円です仮条件上限1300円、100株単位なので、1枚13万円です

主幹事は大和証券SBI証券。割当数が多いので当選は難しくはなさそうです。
 
 

口座開設のみや入金だけでも貰えるキャンペーンは

アイネット証券  →2万入金のみで名著投資苑プレゼント(六千円以上) 

SBIFXトレード →開設+ログインで500円 

外為どっとコム  →マイナンバー登録1000円 入金1000円ネットセミナー受講6000円

楽天証券   →口座開設&キャンペーンエントリーで楽天ポイント キャンペーン多数実施

 
ポイント
知名度ありの人気の業種ですが、公開規模は最大100億円以上とマザーズにしては大型なのが気がかりです。
株主丸井メルカリだけでなく、芸能人の名前もあります。上の売出しの画像を見るとロンブーの淳さんの名前がありますね。
大型なので初値が飛ぶ可能性は低いと思われます。
売上は堅調だが赤字企業です。
仮条件が大幅に下振れし、公開株数を削減。
直近IPOは弱い展開が多く、IPO相場の環境が良くないのも気掛かりです。
手堅い人ならスルー、リスクを取れる人だけ参加する銘柄かと思われます。
初値の市場コンセンサスは公募値前後です。
 
 
 

直近IPO初値結果

10/9上場 アンビスホールディングス(7071)公募価格2,800円 初値4,260円 上昇率+52.1%

10/8上場 AI CROSS(4476)公募価格1,090円 初値1,800円 上昇率+65.1%円 

10/8上場 HENNGE(4475)公募価格1,400円 初値2,001円 上昇率+42.9%

10/2上場 レオクラン(7681)公募価格2,700円 初値2,920円 上昇率+8.2%

10/1上場 パワーソリューションズ  (4450)公募価格2,000円 初値5,110円 上昇率+155.5% 

9/26上場 HPCシステムズ(6597)公募価格1990円 初値1,870円 公募割れ

9/24上場 Chatwork (4448)公募価格1600円 初値1,480円 公募割れ

9/20上場 ギフティ(4449)公募価格1,500円  初値1,880円  上昇率+25.3%  

9/19上場 サイバー・バズ(7069)公募価格2300円 初値4,000円 上昇率+73.9    
9/19上場 アミファ(7800)    公募価格660円  初値910円  上昇率+37.9% 

 

 

当ブログ読者のSBI証券IPOチャレンジポイントは何ポイント?

アンケート投票&結果はコチラ

SBI証券IPOチャレンジポイントは何ポイント持っていますか?  ←クリックで移動します

 

 

 

主幹事SBI証券のIPO

抽選の70%を完全抽選、30%をIPOチャレンジポイント抽選

 

IPOチャレンジポイント抽選はIPOチャレンジポイントの多い順に配分

 

IPOの抽選に1回落選するとチャレンジポイントが1ポイント加算。

積極的になれないIPOでもSBI証券では申し込んでおき、

IPOチャレンジポイントをコツコツ稼いでいます(=⌒▽⌒=)

 

資金力がない方でもIPOチャレンジポイントを貯めておくと

IPOの当選が狙えるかもしれませんね。

 

当ブログ読者のSBI証券IPOチャレンジポイントは何ポイント?

 

アンケート投票&結果はコチラ

SBI証券IPOチャレンジポイントは何ポイント持っていますか?  ←クリックで移動します

 

SBI証券の70%の完全抽選ですが、申し込み株数が多ければ多いほど当選率が上がるので資金力のある方にはオススメ。

申し込み株数に制限はありません。

 

管理人のSBI証券IPO実績

 

2015年12月にダブルスタンダードがSBI証券で当選しました!

 

クリックで拡大します

IPOチャレンジポイント使用で300株ゲットしました!

 

管理人結果

公募2190円→初値5010円。初値売却でも約85万円の利益でしたが、

公募分の300株はS高の6010円で全て売却しました

2190円×300株⇛6010円×300株=114万6000円の利益となりました

(手数料、税金等考慮せず)

 

売却結果画像




 

SBI証券は?

■豊富なキャンペーン

■IPOも充実

■株式手数料も安い

■信用取引手数料も低コスト

■ネット証券口座数1位の安心感


 

SBI証券のキャンペーン&資料請求はコチラ