【IPO初値予想 インティメート・マージャー】BBスタンス 各社割当数 業績予想 | IPO初値予想 IPO勝ち組ドットコム

IPO初値予想 IPO勝ち組ドットコム

IPO初値予想 IPO勝ち組ドットコム

IPO インティメート・マージャー 7072  マザーズ


■上場日10月24日■想定価格2320円■100株単位■業種 サービス業

仮条件1700~1900円■BB期間10月4~10日■公募価格10月11日

事業内容データマネジメントプラットフォームの提供、データ活用コンサルティング
公開株数 公募26万株 OA3万9000 

■市場吸収金額約5.7億円■時価総額約 50.5億円

 

 

各社割当数

■主幹事 みずほ証券・・・2340枚

SMBC日興証券・・・78枚

SBI証券 マネックス証券いちよし証券、岩井コスモ証券、岡三証券、香川証券、極東証券・・・26枚

 

岡三オンライン証券 で取扱いあり HP⇛岡三オンライン証券

 

 

 

 

業績予想

 

アメーバ予想PER

予想純利益は9100万円、上場時発行済株式総数は266万株なので

予想EPSは34.21円となります。(EPS=純利益÷発行済株数)

仮条件1700~1900円における予想PERを算出すると約49.7~55.5

市場吸収金額最大約5.7億円、時価総額最大約 50.5億円

 

アメーバ参考銘柄 10/4大引け基準 予想PER 時価総額

3655 ブレインパッド 47.7倍 (連結予想 ) 429億円

3925  ダブルスタンダード 47.2倍(連結予想) 345億円

3962 チェンジ 57.6倍 (連結予想 ) 331億円

6094 フリークアウト・ホールディングス -倍 (連結予想 ) 224億円

 

【IPO勝ち組ドットコム×アイネット(旧IPO)証券タイアップキャンペーン】

【特別限定企画6000円以上の投資本無料プレゼント】

投資苑を無料プレゼント 詳細記事はコチラ⇒投資苑 無料 プレゼント

無料でゲットする手順はコチラ⇒投資苑 プレゼント 

 

アメーバ沿革

2013年6月

株式会社フリークアウト(現「株式会社フリークアウト・ホールディングス」)と株式会社PreferredInfrastructureの合弁にて株式会社インティメート・マージャーを設立

2014年1月

株式会社フリークアウト及び株式会社PreferredInfrastructureに対する第三者割当増資を実施。

2015年10月

株式会社フリークアウトが株式会社PreferredInfrastructureより当社株式の50%を取得し、株式会社フリークアウトの連結子会社となる

 

 

 

アメーバ事業内容

創業以来蓄積してきたオーディエンスデータ(閲覧履歴などの来訪するブラウザが保有する情報全般)(注1)により構成される当社独自のデータマネジメントプラットフォーム(DataManagementPlatform)(注1)である「IM-DMP」を用いて、データの活用によりクライアント企業(広告主)のオンライン、オフライン双方のマーケティングを支援する事業を行っております。オーディエンスデータとデータ分析結果を一覧できるダッシュボードの両方を具えるIM-DMPを用いる事で、マーケティングを行う企業に対し、IM-DMPで保有する膨大なデータの中からより広告効果が高いと見込まれる消費者を抽出、ターゲティングする事が可能となります。データマネジメントプラットフォーム(DataManagementPlatform)はDMPと略され、デジタルマーケティングの領域におけるDSP、SSP、アドネットワーク等(注2)の延長線上にあるいわゆる「アドテクノロジー」の1つとして説明されることがありますが、当社が提供するIM-DMPはデジタルマーケティングの分野に限定されるものではありません。Webサイトへの来訪時に付与するブラウザ毎のID(当社では「IM-ID」の名称で管理)をキーとすることで、インターネット上で収集したオーディエンスデータを、テレビCM、ダイレクトメール等のオフラインマーケティングにも応用が可能であり、今後は更にデータ活用分野を広げていきます。また、当社は親会社である株式会社フリークアウト・ホールディングス(本書提出日現在、当社発行済株式の70.52%を保有)を中心とする企業グループに属しております

 

(注1) オーディエンスデータオーディエンスデータは、ブラウザ毎に割り振られたID及びIDに付加される情報全般を言います。DMPにはプライベートDMP及びパブリックDMPの2種類があります。プライベートDMPは1stPartyData(広告主が保有するオーディエンスデータ)を利用し、パブリックDMPは3rdPartyData(第三者が持つオーディエンスデータ)を利用します。

 

(注2) DSP、SSP、アドネットワーク

①DSP(DemandSidePlatform):広告主の広告配信効果を最適化するための広告買付プラットフォーム。媒体側の広告収益の最大化を支援するプラットフォームであるSSP(SupplySidePlatform)と対になる仕組みであり、両者はRTB(RealTimeBidding)を通して、広告枠の売買をリアルタイムに行っています。

②SSP(SupplySidePlatform):媒体社側から見た広告収益の最大化を支援するプラットフォーム。RTBの技術を活用して、DSPに対してユーザーの1インプレッション毎に広告枠のオークションを行うことで媒体側の広告収益最大化を支援します。

③アドネットワーク:複数の媒体の広告枠を束ねて広告配信ネットワークを形成し、これらの媒体に広告をまとめて配信することにより、広告配信を効率化させる仕組み。

 

 

アメーバ主要株主 公開日前発行済株数 240万株

(株)フリークアウト・ホールディングス    55.26%
簗島亮次 (社長)   17.64%
(株)電通    9.79%
MICイノベーション4号投資事業有限責任組合    4.20%
YJ2号投資事業組合    3.26%
久田康平    2.09%
(株)新生銀行    1.63%
アイビス新成長投資事業組合第5号    1.40%

SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合    1.40%
みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合    1.40%

 

VCあり。ロックアップは180日

注意上記の赤字は180日のロックアップ対象

ロックアップは公募価格の1.5倍で解除。ただし初値形成後に解除。

 

 

銘柄名はインティメート・マージャー マザーズ上場

事業内容はデータマネジメントプラットフォームの提供、データ活用コンサルティング。本店は東京六本木。設立2013年。

フリークアウト・ホールディングス(6094)の子会社。

想定価格2320円に対し仮条件が1700~1900円と大幅に下振れ。予想PERは約49.7~55.5倍。

公開規模は最大約5.7億円、時価総額50.5億円です仮条件上限1900円、100株単位なので、1枚19万円です

主幹事はみずほ証券。割当数的に主幹事以外での当選はかなり厳しいと思われます。
 

 
 

口座開設のみや入金だけでも貰えるキャンペーンは

アイネット証券  →2万入金のみで名著投資苑プレゼント(六千円以上) 

SBIFXトレード →開設+ログインで500円 

外為どっとコム  →マイナンバー登録1000円 入金1000円ネットセミナー受講6000円

楽天証券   →口座開設&キャンペーンエントリーで楽天ポイント キャンペーン多数実施

 
ポイント
公開規模は最大約5.7億円と軽量感あり。
ロックアップはしっかり。ロックアップは公募価格1.5倍で解除だが初値形成後に解除と条件あり
人気化しやすいマザーズ案件、人気化しやすいビッグデータ関連とテーマ性あり
人気化しやすい条件は揃っており、全力参加で問題なさそうです。
 
 

直近IPO初値結果

10/2上場 レオクラン(7681)公募価格2,700円 初値2,920円 

10/1上場 パワーソリューションズ  (4450)公募価格2,000円 初値5,110円 

9/26上場 HPCシステムズ(6597)公募価格1990円 初値1,870円 公募割れ

9/24上場 Chatwork (4448)公募価格1600円 初値1,480円 公募割れ

9/20上場 ギフティ(4449)公募価格1,500円  初値1,880円  上昇率+25.3%  

9/19上場 サイバー・バズ(7069)公募価格2300円 初値4,000円 上昇率+73.9    
9/19上場 アミファ(7800)    公募価格660円  初値910円  上昇率+37.9% 

 

 

 

 

当ブログ読者のSBI証券IPOチャレンジポイントは何ポイント?

アンケート投票&結果はコチラ

SBI証券IPOチャレンジポイントは何ポイント持っていますか?  ←クリックで移動します

 

幹事マネックス証券のIPO

IPO幹事多数マネックス証券
多数幹事のマネックス証券!!

かなり有名ですが、2006年に新規上場した比較.comの主幹事となり、公募値45万円に対し初値は270万円!その時のマネックス証券における当選確率は約8分の1もあったようです。IPOの幹事になることが多く100%平等に抽選をします。場合によっては主幹事より期待できることがあります。何株申し込んでも当選率は変わらないので、小額資金の投資家に優しい証券会社です。IPOの取り扱いが頻繁にあるので口座を開いて損のない証券会社と言えます

⇒マネックス証券の資料請求はコチラ

 

今ならキャンペーン中!開設のみでも貰えます!

 

2018年 マネックス証券で取扱った新規公開株式銘柄一覧(50社)

 

【管理人当選実績】

マネックス証券 でタマホームが当選しました!


クリックで拡大↓
IPO初値予想 IPO勝ち組ドットコム

⇒資料請求はコチラ 


980円×100株→ 初値1700円×100株売却で7万円の利益

↓クリックで拡大
IPO初値予想 IPO勝ち組ドットコム

⇒資料請求はコチラ 

 

マネックス証券 でブイキューブが当選しました!

クリックで拡大


IPO初値予想 IPO勝ち組ドットコム 

3300円×100株→5540円×100株 →22万4000円の利益

⇒資料請求はコチラ 

 

2014年はマネックス証券 でレアジョブが当選

クリックで拡大


 

100株は初値で売却。

1170円×100株→3155円×100株→19万8500円の利益でした!

 

 

マネックス証券は?

■上場会社の安心感

■口座開設費、維持費等も無料

■IPO取り扱い多数

■IPO抽選は少額資金の方にも優しい平等抽選