「 相場は絶望の中で生まれ 

 懐疑とともに育ち 

 楽観のうちに終わる 」


これはウォール街の有名な格言です。

投資家が悲観的であれば上昇相場の出発点となり、

警戒心がある間は上昇します。


また、楽観的であれば天井圏になり、

幸福感がある間に上昇傾向の相場が終わります、

と意味が込められています。

つまり、周りに惑わされず、自分自身で冷静に相場を観察することが大事なのです。

現在、米国とは異なり、日本ではまだ懐疑の渦に囚われています。

しかし、このデフレマインドはいつかどこかで転じます。

ここを乗り切り儲けていきましょう。

[東京総合研究所 株ブログ 現役ファンドマネージャー]


そのために私たちがいます。
皆さまのためのサービスをご提供しています。

是非ご活用ください。



また、一発高銘柄推奨サービスは通常1銘柄5万円のところ、
現在キャンペーン中につき、値段変わらず3銘柄お教えします。

すでに最新情報を発信するLINE@では2銘柄公表しました。

あと1銘柄まだ間に合います。しかしこのチャンスを逃さぬよう、お申し込みはお早めに。

[一発高銘柄推奨サービス 今だけ3銘柄公開]

期間限定のバーゲンセール一度お試しあれ。

今は仕込んで安いものを買うこと第一に考えましょう。

投資情報に関する速報はLINE@にて配信されます。

そのほか、キャンペーン情報やクーポンも配布しますので要チェックです。

是非下記からご登録ください。
友だち追加




本日も応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ←こちらをクリック