ニューヨーク海外駐在生活 in2014

縁あってニューヨークにて海外駐在生活を行うことになりました。
語学練習もかねて日記をつづっていきます。


テーマ:

 うん。



 あと5日。



 長いようで短かった。。




 あと5日でハワイへ旅立ちます。



 仕事なんてそっちのけ。



 でも気になるのは留守宅のセキュリティですよね。



 そんなとき



 セントラル警備保障

 留守宅ガード



 なんと、短期間のホームセキュリティを利用できる!しかも巡回警備もしてくれる!(オプションだけど)


 


 1週間いないから心配だよね^^;




 って、うちがというより嫁さんのご実家なんだけどショック!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「お金がなくていつも貧乏しとるけど、毎日笑って暮らしとるよ」





胸に響きました。





幸せってこういうことですよね。




お金は笑顔になるための補助であって、目的は“笑顔”ですよね。





お分りかもしれませんが、NHK朝の連ドラ「ゲゲゲの女房」松下奈緒演じる主人公が心配する父親に言った言葉です。




親としてもこれほど安心する言葉はないですよね。



幸せの設計図の一番先に書く目標はこれでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 しばらく時間が空いてしまったので前回までのおさらい。



 「幸せイメージの実現方法」

 http://ameblo.jp/kabu-kuwabara/entry-10501980054


①自然が豊かな街で、私は広い庭がある戸建ての家に住んでいます。

②子供は3人いて、奥さんは趣味を兼ねた料理教室で小遣い程度の収入を得ています。

③私はクルマで15分ほどのログハウス風の小さな事務所で開設した○○事業のオーナーで、社員は10名ほど。

④地域活性を目的とした新しいライフスタイルを提案する事業で、都心に住む人たちからのオーダーで成り立っています。

⑤忙しい毎日ですが、日本経済を地域の活性化から支えるというやりがいで充実しています。

⑥もちろんオーナーなので毎日早く帰れるわけではありませんが、クルマで15分ほどの場所なので、奥さんや子供との時間もあります。

⑦趣味は○○で、週1回趣味の時間を持っています。

⑧趣味を通じた仲間もいて、月1回の会合はあたらしい刺激を得るたのしみの時間です。



 より具体的に落とし込みをしていく上で、まずはここからいきましょう。



③私はクルマで15分ほどのログハウス風の小さな事務所で開設した○○事業のオーナーで、社員は10名ほど。

④地域活性を目的とした新しいライフスタイルを提案する事業で、都心に住む人たちからのオーダーで成り立っています。

⑤忙しい毎日ですが、日本経済を地域の活性化から支えるというやりがいで充実しています。




 キーワードは地域活性です。




 日本経済や日本自体が持続していく上で必要なのは、少子高齢化の解決と現在の1箇所集中型経済の分散化ではないでしょうか。




 この二つは表裏一体で、経済が地域分散すれば共働きしやすい環境になると信じています。





 事業をはじめるだけであれば、ネットショップ等で販売できるものを見つければできそうですが、問題は


①「何をしたいか」

②「地域活性につながっているか」


 でしょう。



 目標として掲げた「地域活性を目的とした新しいライフスタイルを提案する事業」ではそのどちらも実現できているかもしれませんが、あまりに漠然としすぎており、何をどうすればよいのかわかりませんね。





 まずは「地域活性」について調べていくことにしましょうか。





地域経済の発展は自らの智恵と行動で!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 続くといっておきながらかなり時間がたってしまいました。





 というのもいつか書いたとおり、twitterのほうが楽で楽しくなってしまったからです。






 右のサイドバーにtwitterのフリープラグインを追加しているので、実はそこだけアップしていっています^^;






 とりあえず、この”英語”に関しての話題を終わらせましょう。





 前回、30歳までが英語能力を身につけることができる限界だと書きましたが、それを過ぎてしまった人はどうすればいいのか。







 村上氏いわく「子供に英語能力を身につけさせなさい」。






 ・・・。





 もう自分では無理だからあきらめなさいということです。






 これ、かなりきついですよね。






 ただ、事実、私も30歳から英語を猛烈に勉強し始めましたが自分の記憶能力が衰えていて、なかなか覚えてくれなかったことを覚えています。





 語学能力は筋トレ。





 筋肉自体が衰えていては限界がきてしまうということでしょう。





 でも私は31歳のときにTOEIC550点から半年で860点を取得しました。





 ではその秘訣を教えましょう。





 続く・・・。(またか)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
幸せの設計図を書く必要があると言っていました。


じゃないと自分のがんばりが効果的にならないと。



ですが、これまで取り組んできたがんばりで、自分でもできればいいと思っている目標は心機一転、再び取り組むことにします。



それは“英語”です。



次の世の中、英語は必須というか、英語が話せないことのほうが特別になると思います。





いま世界で先進国及び、追い付こうとするアジアやインドのビジネスマンで英語が話せない人はいません。




日本だけが、あいかわらず同時通訳を必要としているのです。




先日、Google名誉会長の村上氏の講演を拝聴しましたが、何はなくとも“英語”をやれと言っていました。




ただし、30歳までが限界とも。




語学は知識じゃありません。




体力、筋力であり、地力が衰える30歳から英語をまったくやっていない人が英語をやっても、もう無理だというのです。



ではどうすればいいか。


・・・、続く。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
保育園がなければ作ればいい。でも費用が大きすぎて誰も作らない。






・・・ほんとにそうでしょうか。



確かに収入は限定的で、保育園維持のための費用は莫大。




でも、各地にある保育園はよく見てみれば経営母体が違う。





多くは単独経営となっています。





これを集約し、機材や食材の共通化、スタッフ教育の共通化を計り、スタッフの質の向上とマネジメントコストの削減を図ります。




食材はそれ自体を事業化、外部委託業務も規模によりコスト削減を図るのです。




また、保育園では通常熱を出した子供は保護者が迎えにいくことになっていますが、これも事業化して一時保育を実施することで両親の負担を軽減するのです。





ただこれを推進しても収入は大幅には改善しないかもしれません。



そこで、企業が福利厚生システムとして、保育園基金を創設し、保育園への資金提供を実施します。




企業としては、福利厚生でもあり、ダイバーシティにおける女性活用を推進、さらには基金であるため税制優遇と、完全な費用ではなく投資目的運用とすることもできます。




これには政府による税制優遇システムも有効でしょう。




また、“ふるさと納税”のように特定目的のための納税制度も考えられます。





日本は本格的な少子高齢化を迎えています。





少ない労働力を活性化させるために、女性の働く環境を向上させ、子供がいても働ける社会を作る。





やり方は精査する必要があるとしても、方針自体は間違っていないと思うのですが、いかがでしょうか。




外国人を受け入れ、外国人のための環境を向上させる税金の使い方の前に、日本人を増やす制度を本格的に作らなければ、日本は確実に滅びます。







日本はいま、大きく変わらないといけない時にきていると思うのはみなさんと同じだと思っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回までで問題点を列挙し、整理してみました。




ではどう解決するのか。





1.保育園が少なく、働きたくても子供を預けることができない

2.保育園の選択肢がほとんどないため、競争原理が働かなく質が向上しない

3.保育の仕事自体に対する報酬が少ないため、人材が集まらず利用者が安心して預けられる保育園が増えない



簡単です。



報酬が多い保育園を増やせばいい。




が、ただでさえ収入が少ない保育園でスタッフへの報酬が多い保育園を増やすなんて不可能。





・・・なんでしょうか?



続く。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
問題点は

1.保育園が少なく、働きたくても子供を預けることができない

2.保育園の選択肢がほとんどないため、競争原理が働かなく質が向上しない

3.保育の仕事自体に対する報酬が少ないため、人材が集まらず利用者が安心して預けられる保育園が増えない



もうひとつ、ある程度解決策が実行されてはいますが、

4.保育園代が高い


という問題があります。
(質を保ちながら公認保育園制度を維持するために、収入に応じた利用者負担制度となっています。ただし、そもそもの費用が高いというのが問題です)


ではこれらの問題点に対する解決案は、、、



続く
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

”昨日キミが自分から下ろしたスカートのファスナー”



どうしてこんなに胸を締め付ける詞が書けるのでしょう。




お分りかもしれませんが、これはMr.Childrenの名曲“ファスナー”です。





彼らのアルバム「It's a wonderful world」に収められている曲です。






人は共感できる言葉に感動を覚えるのでしょう。





このアルバムを何度聞いたことでしょう。






共感できる箇所はヒトそれぞれ。




でも彼らの曲がこんなにも人を引き付けたことは、彼らの言葉に多くの人が共感したからだと思います。




音楽(特にポップスは)難しい。




その時代にあった詞、曲、テンポ、そしていまはビジュアルも共感を得られなければ多くのヒトの心を揺さ振らないのですから。





わたしは思います。




「幸せの設計図」で描かれる仕事とは、ヒトの心を揺さ振るものでありたいと。




まだまだ、ぜいたくな夢を語る時間です。




皆さんもいかがですか。






Mr.Children「It's a wonderful world」


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。