UPJ 設計監理 1

テーマ:

UPJ 設計監理 にようこそ。


この設計監理は、平成20年12月から工事が開始された3棟の注文住宅の記録です。


今回はこのプロジェクトの概要を説明しよう。


都内某所の約100坪の土地を分筆し、親子3家族(親夫婦+2人の娘夫婦)が住まう3棟の設計・設計監理を受注。基本設計、実施設計、確認申請を進め、工務店は施主が選定し工事着工とりなました。


3棟の建築概要は

     A棟  建築面積42.23㎡、延べ床面積84.46㎡(25.54坪)

     B棟  建築面積40.99㎡、述べ床面積81.98㎡(24.79坪)

     C棟  建築面積57.55㎡、述べ床面積109.51㎡(33.12坪)

  すべてツーバイフォー(枠組壁工法、コロニアル系屋根、外壁モルタル下塗りに吹付け仕上げ(一部タイル張り)です。バーべキューやお茶を楽しむ3棟をつなぐ共用テラスを中心に建物を配置し、かつ各々のプライバシーも守る間取りや、窓配置になっています。


次回より現地実測、地鎮祭、工事開始からお客さま引き渡しまでを写真を掲載しながら説明させていただきます。

 当社が設計・設計監理を直接受注した場合の設計監理説明です。

 工務店さん、デベロッパーから設計・設計監理を弊社が受注し、お客様の窓口となって仕事を進める場合では請負契約の条件で、打合せ内容、チェック項目、現場チェック回数が異なりますのでご了承ください。