壁紙と収納Aoyama

壁紙と収納Aoyama

千葉県松戸市の壁紙専門工事店。「壁紙と収納Aoyama」は、築40年の住宅を丸ごと活用し、壁紙を多数展示したショールームです。

Amebaでブログを始めよう!

千葉県松戸市の内装工事店 インテリア青山です。

「壁紙と収納 Aoyama」は、築40年の住宅を丸ごと活用し、壁紙を多数展示したショールームです。

建築専門用語を用いず、わかりやすくお伝えすること、 さまざまな要望に応えられるよう、技術力を高めることをモットーとし、運営しています。

 

写真の部屋、当店の顔といっていいほどお馴染みの部屋。

来店されたお客様には人気の撮影スポットです。

使用した壁紙 サンゲツ RE8016(廃盤)

 

壁一面洋書がズラーリ並んだ部屋って、知的でクラッシックの雰囲気がしませんか?

(廃盤になるのは惜しい!!!)

 

本棚柄の壁紙は、部屋の印象が一気に変わるので、すごーくおすすめの壁紙です。

ワンランク上質な本棚柄の壁紙としておすすめするなら、断然、輸入壁紙のFORNASETTI(フォルナセッティ Cole&Son)。

FORNASETTI SENZA TEMPO

114/15031

 

当店1FのショールームにもCole&Son社の壁紙を実例展示しています。

洗練されたデザインと色づかいが、とても魅力的な壁紙で、ずーーっと眺めていたくなる素敵な壁紙なんです。さすが、イギリスの老舗ですねー。

 

壁紙選びは、楽しいけれど難しいという意見をいただきます。

イメージがしっかりしていれば苦労はないのですが、現実は、そううまくはいかないようです。

何から選べばいいのか、わからない、皆さんそうおっしゃいます。

 

当店では、デザイン?色?予算?何にこだわって選ぶのか、じっくりとお話を伺いながら提案しています。

 

故郷の落ち葉の色、子供の時によく行った旅館のイメージ、浅瀬の海のイメージ。

人気ドラマの主人公の部屋。

 

ぼんやりとしたイメージが、はっきりするまで、お付き合いいたします。

 

ショールームの一室に本棚柄の壁紙を選んだのは、もちろん、私のこだわりがあったからです。

 

このこだわりについては、また別の機会に。