《 視点を変えること 》
 
龍次は、いつも掃除をサボる。

周りからもいつも非難を受ける。

そうすると、ますます龍次は掃除をやらない。

 
『どうしたものか......』と、

私が考えたのは、視点を変えること。

掃除をサボる龍次を、なんとか怒らない方法はないものか。。。。

☆。.:*・゜

私は、ある日、龍次に言った。

「龍次。龍次の掃除場所は、外庭の草取りだよね。龍次が担当するあの場所には、四葉のクローバーが生えているんだよ。龍次。探してみて。」

私が、彼に言ったのは、四葉のクローバーを探すこと。

でも、彼は、そのも四葉のクローバーを探すため、草を取った。たくさんたくさん草を取った。

掃除時間が終わっても、草を取っていた。

そして、見つけたのだ!

四葉のクローバー☆。.:*・゜

 
 

周りの子どもたちも、みんな、「龍次。すげえ~!」と、ほめた。

 
 


その日から、龍次は、掃除をする。

正確には、草取りをする。

さらに、正確には、四葉のクローバーを探している。 
 

 
 

でも、気がついたら、みんな笑っていた。

龍次も、四葉のクローバーを探して、笑顔だった。

周りの友達も、そんな龍次を見て、笑顔だった。
 
 

私は...

龍次からもらった四葉のクローバーを
手にして、笑顔だった。

   



ちょっと視点を変えるだけで、だれもイライラせずに、みんな笑顔になれる方法はあるんだなぁ~ということを、子どもたちから教えてもらった♡♡ 

 
☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜