《   最後にもらった娘からの愛  》

台湾の旅が終わりました。

今回の旅では、たくさんたくさん娘の萌と語りました。

夢のことや、オシャレのことや、大學のことや、これからの人生についても。

そんな時間が有難くて有難くてたまりませんでした。
 
  


最後の夜。

龍山寺の隣のホテルで、喜んでいたとき、
 
何気なく渡されたアルバム。
 
  



 
『ママ。遅くなったけど、お誕生日おめでとう!』

  


そう言って渡されたアルバムには、娘と私の写真がいっぱい。
 
 

でも、それ以上に、彼女の想いがいっぱいいっぱい書かれてあって…。

私は、それを見て、胸がいっぱいになりました。

 

嬉しくて嬉しくて。

たまらなくて…。

一生懸命に作ったんだなぁ…と思うと、また嬉しくて。 
 


 
 

私は、娘たちが小さい時から、『先生』をしていて、忙しくて、学校と家庭とで、毎日とっても忙しくて、バタバタしていました。

でも、そんなときでも、ひとつだけ続けてきたことがあります。

 それは、

             想いを伝えること。

 
届いているかどうかなんて確認できないくらい忙しかったけど、でも、伝えてきた。

あなたたちが大切なこと。
大好きなこと。
応援してること。

時には、あやまり、時には、小言を書いたこともあった。

でも、伝えてきた。

悔しいこともたくさんあった。
情けないこともたくさんあった。
自分を責めたことなんて、数限りない。

でもね。伝えてきた。
 
伝えることは大切だとずっと言ってきた。

 

そんな娘たちが大きくなって…

今度は私に伝えてくれたこと。

それが嬉しかった。

たまらなく嬉しかった。

 
 

昨夜は、このアルバムを抱いて寝ました。

あの子が、一生懸命に書いてくれた何ページにも渡る写真と想いのアルバム。

抱きしめて寝ました。
 
 

萌と別れる時

『ママが亡くなった時さ。このアルバムを持っていかせてね。』と言った私。
 
「そんなこと。まだ考えんで!」と言った娘。

でもね。本当に、娘たちの想いに抱かれて、旅立つことができたのなら、こんなに幸せなことはない。と、思ったんだ。

人は、いつかかならず死ぬ。

その時に、残っていくのはその人の想い。生き方。

私は、あとどのくらい生きるのか分からないけれど…

その日まで、母の想いを伝えていこうと、心から思った。

 
 
 
---------香葉村真由美の『ママ塾』開催情報---------

★★2020/01/24・25 開校@静岡・浜松市★★

平日コース(金)
https://ameblo.jp/shu335/entry-12531033276.html
休日コース(土)
https://ameblo.jp/shu335/entry-12531033276.html
 
 

★★2020/02/09・10 開校@大阪・大阪市★★
平日コース(金)
https://www.kabamuramayumi.com/archives/seminar/251
休日コース(土)
https://www.kabamuramayumi.com/archives/seminar/251
 
 
 

★★2020/02/14・15 開校@愛知・名古屋市★★
平日コース(金)
https://www.kabamuramayumi.com/archives/seminar/200214
休日コース(土)
https://www.kabamuramayumi.com/archives/seminar/200215