■ 新型コロナウィルス対策で新しくわかったこと | 紀州屋良五郎事務所 (大衆演劇・上方芸能通信) 超髙感度ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

〇 時が経つに従い新型コロナに対する対応策が見えてきました

 

 

 

1.ウィルスとの戦いは長期戦になる

2.くらしと働き方、仕事、娯楽、生き方まで変えていく

3.ウィルスは空気感染のようにマイクロ飛沫感染し空間で滞留する危険がある。少し離れていても危険がある

3条件の重なるところは避けなければ危険

image

 

4.高齢者は治療薬ができるまで在宅して自己防衛が基本とくに呼吸器疾患、心疾患、糖尿病、高血圧等既往症のある方は要注意

5.発生すれば調査があり家族、職場は観察対象になることも心得る

6.これからは、陽性でも軽症だと入院できず病室が空くまで自宅で隔離になるおそれがある。自宅に看護できる人がいないと深刻。感染対応の為、入院になっても近親者の見舞いも厳しくなる。看取りも防護服、遺体の搬送にも制約がある。

7.治療薬・ワクチンの開発・使用に速くても半年以上待たねばならない。

8.経済への影響は深刻でこれから訪れる大不況に備えなければならない

9.解決のめどはオリンピックの開催時期(2021年春すぎ)か長引けば2年程度要する分析がある。

 

☆観客から見た劇場の見極めガイドライン

1.非接触体温計での開場時、入場者全員の体温チェック

2.入場者の氏名、連絡、住所の記入‥何かあれば連絡して貰える、検査が必要になれば対応可。更に友人を誘う場合にも細心の注意。

3.入退場時、トイレ使用時のアルコール消毒液配備又は自身で用意する

4.座席どおしの空間確保、前後左右に空間確保

又は離れて座る。満席の場合は自粛する。

5.空調機による換気、ドア開閉で充分な換気

できていないところは避ける。

6.前売り券販売中止、送り出しの禁止  接触自粛

できていない劇団は避ける。

7.劇場スタッフ、入場者のマスク着用の厳守

8.劇場内の接触個所(背もたれ、ドアノブ等)の定時で念入りな消毒

 

☆劇団としての対応策

・興行社を要にして自粛による損失保障請求の働きかけ→助成金、法人税、所得税のコロナ対策としての還付がある。

・長期戦に備えた営業存続の戦略を立案

・先を見据えた劇団の法人化、多角化

※日本社会はフリーランスにはかなり不利、法人であることがあらゆる面で個人事業より優位