vol.409

 

 

中小製造業のWebを再起動させる!
中小製造業専門 IT参謀、
村上郁(むらかみかおる)です。

 

 

 

「誰もが行き着く先、
それはワニも同じ。

 

誰もに終わり(死)がある。
 

分かっているのに
意識しない日々。

 

ワニが生きる
”残り100日間”の
当たり前の日々を見て、
人々はなにを思うか-」

 

(株式会社ベイシカ
「100日後に死ぬワニ」のページ
より引用)

 

100日後に死ぬワニ
というお話をご存知ですか。

 

漫画家/イラストレーターの
きくちゆうき氏が
 

Twitter上で公開し
話題になった
 

四コマ漫画
(最終回は四コマじゃないけど)。

 

 

下記は作者のInstagram。

 

昨日2020年3月20日で
その100日目を迎えました。

 

 

 

そして最終回とともに
次々と公開される
PVやら○○展やら書籍化。

 

そのあまりに用意周到な
感じからネット上には
 

#電通案件というタグが
乱れ飛ぶという現象も
巻き起こりましたが(笑)

 

これに対しきくちゆうき氏は
「電通さんは無関係」
とコメントしてました。

 

 

 

私は今、IT×効率化をテーマに
ブログを書くことが多いです。
 

ブログ仲間がくれた
コメントの中に
 

「時は金なり?」というのが
ありましたが、
 

あなたはお金時間
どちらが大切ですか?

 

 

 

お金は一生懸命働くでも
株で儲けるでも
いろいろと増やし方はありますが、

 

時間は誰にでも
1日24時間。

 

人によって
増えも減りもしない
 

これはどんな大富豪でも
生まれたばかりの
赤ちゃんでも同じ。

 

 

 

命をなくせばその人の
人生はそこで終わります。
 

命とは言い換えれば
その人に残された時間です。

 

その貴重な時間を

何のために使いますか?

 

 

 

効率化とは、
時間を何に使いますか?

ということです。

 


 

業務を効率化するって、
あんまりワクワクしない?

 

効率化ってなんとなく
ワクワクするものまで
 

そぎ落とす感じがある
かもしれません。

 

 

 

でも、何も楽しいことを
止めるわけではありません。
 

むしろ、楽しいことを
やる時間を作るため
に、

 

無駄なことにかかっている
時間をできるだけ減らす、
なくすのが効率化です。

 

 

 

100日後に死ぬワニ
はその残された時間を
 

どう使うか、どう感じるかで、
けっこう余白のある表現なので
 

見る人、見る時で
感じ方は変わります。

 

 

 

経営者の視点、社員の視点、
主婦の視点、学生の視点、
 

いろんな考え方や立場で、
何が無駄で何が効率的なのか
は変わると思いますが、

 

命には限りがあり、
誰にでも1日は24時間。


 

 

時間という限りがあるからこそ
効率を上げる気にもなります。

 

 

 

銀河鉄道999の主人公、
星野哲郎が


機械の身体と永遠の命を求めて
旅をした最後にこんなことを語ります。

 

『限りある命だから

人は一生という時間の中で

精いっぱいがんばる……

 

短い時間の中で何かを
やりとげようとする……

 

そうだからおたがい

思いやりや やさしさが
うまれるんだって……』

(銀河鉄道999 ヒットコミックス版より)

image

北海道の浅川晃広さんのブログ
人生100年時代に読み直した
「銀河鉄道999」「限りある命」の美しさ

より下記引用させていただきました。

 

結果、彼は機械の身体ではなく
生身の身体で生きることを選びます。
 

 

 

限りがあるからこそ
時間をどう使うかはとても大事。

 

 

 

1日の生活を見直し、
やりたいことに使う時間を
増やすために

 

無駄な時間をなくす
という効率化はつまり

 

働き方改革よりも

生き方改革ですね。

 

 

 

さあ、よく生きるために
この時間
どう使いますか?

 

ここから効率化を
考えてみませんか。

 

 
 

Webマネジメント研究所

村上郁でした。

 
■村上 郁■
中小製造業専門のIT参謀。

Web業界20年、製造業7年の経験から
IT活用がどんな効果をもたらすかを考え
中小製造業のWeb再起動を支援します!

【Webマネジメント研究所】
URL:https://webmanagement.biz
Web施策の立案、サイト制作支援、
ブログ作成支援、Web担当者育成

2020年3月からは東大阪のMOBIO
ものづくりビジネスセンター大阪にて
講師も務めさせていただきます。

ペライチでのランディングページ制作で
新しいWebを提案。

ほめ育で人材育成します。

デジタルで働き方改革を推進。