vol.9

 

今日はバレンタインデーですね

(棒読み)
 
次のうち、どこまで知ってますか?
私は2つくらいしか知りませんでした。
 
義理チョコ
本命チョコ
自分チョコ
友チョコ
逆チョコ
ファミチョコ
社交(シャコ)チョコ
 
チョコ停、あ!
これは製造用語でしたてへぺろ
 
 
 
とにかく今どきはいろんな
チョコがありますねー。
 
最近は男性が自分向けに
俺チョコなるものを買うとか。
 
バレンタインデーって、日本独自の
発展?を遂げてますよね。
 
ウィキペディアによると
  • 贈答品にチョコレートが
    重視される点
  • 女性から男性へ一方通行的
    贈答である点
  • (女性の)愛情表明の
    機会だと認識されている点
これらが日本型バレンタインデーの
特徴だそうです。
 
最近のバレンタインデーは
この定義からも外れてきてますが。
 
 
 
そういえば、クリスマスも
ハロウィンも、本家?とは違う
日本流の進化の仕方をしてますね。
 
日本独自の進化とは
俗にいうガラパゴス化。
携帯電話がその典型で、
ガラケーとはガラパゴス携帯の事です。
 
 
 
今日はIT関係の展示会に
行ってきました。
 
私たちのまわりのIT機器も
どんどん進化してきました。
 
その起源は1950年の世界最初の
商用コンピュータ、UNIVAC
 
そこから69年の間に
 
メインフレーム、汎用機
デスクトップパソコン
ノートパソコン、スマホ、
タブレット、スマートウォッチ
 
いろんなものがより高性能
かつ小型化してきました。
 
そして今や、システムはどんどん
クラウドへ移行しています。
 
経理(経費精算)、勤怠(タイムカード)、
契約(NDAや契約書)などなど。
 
先の展示会でもなんたらクラウド
のオンパレードでした。
 
 
 
クラウドって、何かわかりますか?
 
ざっくり言えば、今までは
パソコンにインストールして
ソフトを使い、サーバを会社に
置いてました。
 
それがそのままインターネット上に
あり、インターネットに
つながればそのソフトやサービスが
使える仕組みのことです。

イメージではこんな感じ、でしょうか。
 
 
 
 
そこで今、ちょっとした課題も
浮かび上がってきています。
 
 
たくさんあるクラウドサービス、
どれとどれをどう使えば我が社の
役に立つのか?
 
 
サービスを提供する側は、
そりゃもちろんウチのサービスです!
っていいます。
 
肝心なのは、自社の業務を理解
した上でいろいろあるクラウドの
どれをどう使えばいいのかを
判断すること。
 
とにかくクラウドにしとけば
いいとか、業者に丸投げとか、
いちばんダメダメなパターン
ですから!
 
自社のことをよくわかっている人が
プロジェクトに入るのが一番重要です。
 
 
話が長くなるので、
この手の案件の進め方については
またいつかブログに書きます。
 
 
今後はAI化もどんどん進むでしょう。
そしてクラウドと同じように、
どれ使えばええねん!
ってなるでしょうね。
 
 
 
最近はロボット婚活というのも
あるそうです。
 
 
こちらもどんどん進化している、
ということでしょうか。
 
 
 
近いうちにロボットから
チョコもらったりして。
 
 
むしろ、ロボットからさえ
もらえないかもガーン
 
 
あぁ我、進化なしショボーン