残り物そうめんでお好み焼き | のんびりかあさんの日記
新型コロナウイルスに関する情報について

のんびりかあさんの日記

娘(9歳)は喘息でアトピー。息子(6歳)は食物アレルギー。



家族みんなの健康のために

『なるだけ手作り』かあさんの日々です。

暑い日の昼食は、そうめんを食べる事が多い我が家。
でも、ちょっと多く作りすぎて麺が余る....なんてことも。

小分け冷凍して温かい汁物に入れる、という手もありますが
今回は、お好み焼きを作ってみました。



冷蔵庫にある余り物だけで作った、
どちらかと言うとチヂミ風?な、お好み焼き。


材料)
・茹でたそうめん
・お好みの野菜
(キャベツでもニラでも玉ねぎでも、余り物でO,Kです)
・薄力粉
・納豆
・煮干しの粉(風味を増すためです。無くてもいいです。)
・醤油(ほんの少しだけ。下味をつけます)

もしあれば、しらすや小エビなど入れると風味が増します。

作り方)
1)
そうめんをざく切りに。野菜もざく切りに。(今回は小松菜が入ってます)
2)
1)に納豆、煮干しの粉、薄力粉、醤油、水を加えてよく混ぜます。焼いたとき、具材がばらけていかないように調整して下さい。
3)
熱したフライパンに油をひき2)を焼きます。

ソースに鰹節、青のりでお好み焼き味にしても、
醤油と酢とラー油でチヂミ味でもいけます。
麺の感触は具材に同化して気になりません。
(夫は気付かず食べていましたにひひ

この夏、余ったそうめんで....いかかですか?