無意識の世界 | 美構造®で人生を楽しもう!美構造®プロデューサー藤原ヒロシ公式ブログ

美構造®で人生を楽しもう!美構造®プロデューサー藤原ヒロシ公式ブログ

美構造姿勢メソッドプロデュース、身体の使い方スクールRe-Senseを主宰し、「どんなに体が硬い人でも開脚できるようになる開脚システム実践セミナー」や「結果と売れるを両立させる施術の魅せ方システム」など開発し提供しております。


テーマ:
美構造®︎プロデューサーの藤原寛です。


個人的には
2017年美構造®︎は意識の世界
2018年美構造®︎からは無意識の世界
になるなと思っています。


この転機になったのは間違いなく1月24日の甲野善紀先生とのイベントの際に楽屋で直接お話しを伺えたからです。

 
甲野先生曰く
Flow状態
我ならざる我になる


と仰っておられましたが一般的にいうとゾーンに入るということですね。


Flow状態や我ならざる我のイメージは僕がやっているセラピストの原理原則の内容をはじめ、僕が人に触れる感覚にマッチしています。


先日の子育てママ向け美構造®︎身体の使い方WSでは
子供を抱っこする感覚は身体の使い方をよくする感覚として素晴らしい体験だなと思いました。

{BD967EA9-A767-43B6-B153-D19231FB4291}



検証してみたら、無意識に勝手に入れる。


コノ感覚を教えていけば女性のほうが男性よりレベルアップが断然早いかもしれないと思いました。



男性はやはり筋力で動きがちですから、不利なポジションで触れていることに気付きにくいんです。



無意識の身体の使い方の世界は、


ココしかない


吸い寄せられる


ピタッとはまる



という感覚です。


頭で色々考える余地がない。


だから、自分の身体は繋がるし相手とも繋がる。


まさにその一瞬はわからないんですけど、

天と繋がる
地と繋がる

状態にもなっています。



これがわかってくると、施術でヨガで日常生活であらゆる場面で活かせますから楽しいですよ〜!





1月24日に代官山で開催した甲野善紀先生とのイベン
好評につき4月6日に再び代官山で開催することになりました!!



{FE2CEB18-D958-4C70-A066-ED002CD973A0}


前売りお申込みはこちら




▶︎美構造®︎公式DVD
「バレリーナ向け美構造レッスン」発売中です。






▶︎美構造®︎開脚システム
5分ビフォーアフター
{5A812BD4-3C76-4D06-B9BB-41D34FCF400A}


{33257917-B7D3-46D7-869E-9297A246B0E3}

{6BD5C264-A01D-4392-912D-72478A4113B0}

{C5E5CD79-9174-4D64-909B-71FA33DCA5D7}


{2E53EC3B-8227-4623-9AAA-5598FD718296}



  
 


美構造(R)開脚システムは古武術のエッセンスを用いており、一般的な開脚ストレッチである内転筋を伸ばす方法とは一線を画する方法として日本で唯一の開脚インストラクター制度を日本で展開しています。


開脚に必要な身体の使い方を身に着け、丹田・肚(ハラ)・体幹・軸を覚醒させていくことで
内転筋を伸ばすことをしなくても開脚可動域や開脚前屈可動域が拡がっていきます。


1回のセッションだけでも劇的に人生初のところまで進化することもあります。
もし、1回で理想まで到達しなくてもセッションでお伝えするポイントを押さえ
日常で美構造姿勢をつくっていけば、必ず近いうちに肘が床につくことは誰でも可能です。


 


女性向けメディア取材記事がアップされましたのでご紹介します!
※全国で活躍中のマスターインストラクターさん達の連絡先も掲載されています。




メディア取材を受けました!記事はコチラ





▶︎全国で開催中!美構造開脚システムインストラクター養成講座日程  



▶︎2018年1月〜新制度! 開脚システムJrインストラクター養成講座



▶︎藤原ヒロシ開催 美構造®︎開脚システムIR養成セミナー日程

 


▶︎美構造姿勢メソッドアーカイブ動画(無料YouTube動画まとめ※2016年以前のものです)

https://www.youtube.com/playlist?list=PLHgtowbSBdZfNiUKPDJF85YgnSaaaID_F<br>


 

▶︎美構造メソッド公式メールマガジン登録

https://resense.jp/p/r/6Z9fCEAl


美構造メソッド@ 藤原ヒロシさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります