美構造®︎でバストアップする理由 | 美構造®代表 藤原ヒロシ公式ブログ

美構造®代表 藤原ヒロシ公式ブログ

美構造®︎メソッド 開脚システム、リセンストレーニング、フェイシャル、ボディストラクチャーヨガ、BSM for Dancersをプロデュースしています。

古武術を元にした身体の使い方で、軽快な動きや身体をつくり人生を楽しむ人を増やしています。


テーマ:
美構造®︎プロデューサーの藤原寛です。



美構造®︎開脚システム、美構造フェイシャル®︎でバストアップがなぜできてしまうのか?


「脂肪が移動したのかしら」


なんて笑い話でよく言ってますが



簡単にお伝えすると、

平たい胴体(丹田意識OFF、腹圧が弱い)が丸い胴体(丹田意識ON、腹圧が適切にある)になったからです。



バストアップの1つの方法として、僕がパーソナルトレーナー時代に教えていたのは大胸筋をつけていきましょうというものでした。


僕自身も昔好きでベンチプレスをしていたときは大胸筋が発達して胸囲は100cmを超えていました。


しかし、平たい胴体だったので横に広がってみえるが前後の厚みやバストアップしてるようには見られなかったです。


むしろ、ベンチプレスしなくなった今のほうが胸がスゴいと言われることが多くなりました。



でも計測すると90cmぐらいなんです。


{49591F83-785A-4D24-97C8-F1F1BED16998}



{192501BB-8761-47C3-81A8-0E1D3A0B373B}


見た目をよくすることを重視するなら、筋肉つけすぎるより減量するより、



姿勢構造を整えること
身体の使い方をよくすること

をオススメします。



バストアップに関わる重要な部位は

肩甲骨

なんですが、


肩甲骨を操作するためには胸椎の動きが出せたほうが効率がいいです。


こんな風に↓



そして、胸椎を動かすためには腰椎(腰まわり)が安定することが大事です。


腰まわりの安定化にオススメなのは開脚システムだなぁやっぱり。



腰(ハラ)が安定すると、胸の可動は上がり胸周りの筋肉はたちまち日常から使われはじめます。



あとバストアップだけで言えば、丹田ON(腹圧ON)にすれば背骨は伸びて胸が持ち上がり鳩尾が開きます(オープンマインド)。


美構造®︎では、

肩甲骨
胸椎

を使えるようになるために


どの部位が安定する必要があるか。
どの筋膜ラインの繋がりがいるか。


を考えて誰でもできるようにシンプルに
体系化しています。



開脚システム
美構造フェイシャル®︎
BSM for Dancers(ダンサー向け)
ボディーストラクチャーヨガ®︎
リセンストレーニング(アスリートトレーニング)



全ての幹は繋がっています。



今後、春先にリリースしていく

アンティエールトリートメント(美構造エステ)
美構造®︎美姿勢ダイエット
美構造®︎整体


も同じです。




身体の繋がりと同じように美構造®︎は繋がりの中で無限の可能性を提示できると確信しているんです。



ちょっと熱くなってしまい横道にそれちゃいました!




バストアップは簡単です(^^)


手をチョイチョイと動かすだけでもできます。


ウソかマコトか!?
美構造®︎で1度バストアップ体験してみてくださいね〜



お読みいただきありがとうございました。



ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー


1月24日に代官山で開催した甲野善紀先生とのイベン
好評につき4月6日に再び代官山で開催することになりました!!



{FE2CEB18-D958-4C70-A066-ED002CD973A0}


前売りお申込みはこちら




▶︎美構造®︎公式DVD
「バレリーナ向け美構造レッスン」発売中です。






▶︎美構造®︎開脚システム
5分ビフォーアフター
{5A812BD4-3C76-4D06-B9BB-41D34FCF400A}


{33257917-B7D3-46D7-869E-9297A246B0E3}

{6BD5C264-A01D-4392-912D-72478A4113B0}

{C5E5CD79-9174-4D64-909B-71FA33DCA5D7}


{2E53EC3B-8227-4623-9AAA-5598FD718296}



  
 


美構造(R)開脚システムは古武術のエッセンスを用いており、一般的な開脚ストレッチである内転筋を伸ばす方法とは一線を画する方法として日本で唯一の開脚インストラクター制度を日本で展開しています。


開脚に必要な身体の使い方を身に着け、丹田・肚(ハラ)・体幹・軸を覚醒させていくことで
内転筋を伸ばすことをしなくても開脚可動域や開脚前屈可動域が拡がっていきます。


1回のセッションだけでも劇的に人生初のところまで進化することもあります。
もし、1回で理想まで到達しなくてもセッションでお伝えするポイントを押さえ
日常で美構造姿勢をつくっていけば、必ず近いうちに肘が床につくことは誰でも可能です。


 


女性向けメディア取材記事がアップされましたのでご紹介します!
※全国で活躍中のマスターインストラクターさん達の連絡先も掲載されています。




メディア取材を受けました!記事はコチラ





▶︎全国で開催中!美構造開脚システムインストラクター養成講座日程  



▶︎2018年1月〜新制度! 開脚システムJrインストラクター養成講座



▶︎藤原ヒロシ開催 美構造®︎開脚システムIR養成セミナー日程

 


▶︎美構造姿勢メソッドアーカイブ動画(無料YouTube動画まとめ※2016年以前のものです)

https://www.youtube.com/playlist?list=PLHgtowbSBdZfNiUKPDJF85YgnSaaaID_F<br>


 

▶︎美構造メソッド公式メールマガジン登録

https://resense.jp/p/r/6Z9fCEAl



美構造メソッド@ 藤原ヒロシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります