暑い「溜池巡り」 | やまちゃんのブログ

やまちゃんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

日曜日は「加古川ウオーキング協会 8回目定例会」でした。

サマーウオーク・志方の溜池巡り 12kmコースです。

 

JR宝殿駅9時集合です。

町内会に声をかけさせていただいた時には、聞いていなかった「廃品回収」が行われていました。

集められた段ボールや、積み込みトラックの間での出発式になりました(笑)

 

雲も有り歩きやすいスタートになりました。

バイパスをくぐり

 

志方町に近づくころには

見事な「青空」になってきました (暑い)

 

最初は「カヤ池」

  

池の周りなので「涼しそう」の予想でしたが、浅い溜池なので「いい感じ」で温もっているようです。

 

隣の「古池」は少し広く、深そうでしたが、余り変わりませんね。

 

最近補強工事が、行われた様で、堰堤が新しいですね(西山新池?)

 

「山池」には、なにでしょうか?萱?葦?が沢山生えていて、オオタニシの卵が見られました。

 

高御位山の登山口でトイレ休憩です。

 

「小池」

 

「奥の池」

  をまわり

 

予想外の登りが有り、きのこまで見つけました。

 

 

下りまた堰堤を上ると 「入住池」です。

右奥に入住池の上流池が有り、水が一杯になると、こちらの池に流れて来るそうです。

 

ゆずや栗もなってました。

 

そしてこの辺りでは最大池 「原大池」です。

「吐き出し口」を越えて堰堤に出ます。

ここで会員さんつながりの「町内会役員」さんに

説明をしていただきました。

面積9ha、堰堤の長さ285m、総貯水量24万6500立方m

そして姫路市側の上流に「松の谷池」が有り、通常は姫路市側に配水しているのですが、

渇水時には大池側に流すそうです

 

そして下流側には

分水ゲートが有ります。

志方町西部の5集落で維持・管理をされているそうです。

池全体の写真は無いですが、大きい雰囲気は判るかと思います。

 

町内会の方から、冷えたお茶・水・スポーツドリンクをいただきました。ミニトマトも冷えてました。

パネルを使って、町内会の様子を話していただきました。

ここでも 外来種「アカミミガメ」が問題になっているそうです。

次の「犬立池」ではハスが繁殖していて、12月には町内会で「レンコン掘り」をされるそうです。

ここでも「アカミミガメ」が居て、ハスが荒らされていたそうですが、生け捕りなどで削除し、

今では見事な「レンコン池」になってます。

3枚目の写真は、過去に使用されていた「洗濯場」です。

このレンコンも「外国産」だそうです。

 

ここからは、私の独り言です。

何事も外国産が入って来て、日本古来の品種等は絶滅しそうですね。

可愛いからとペットにして、世話が出来なくなると「自然に放つ」事は絶対にやめましょう。

動物園・水族館・植物園などに相談しましょう。

 

 

ウオーキングに戻ります。

 

ここからは解散場所の宝殿駅に戻りました。

 

 

今日の中で、ゴールが予定より1時間以上遅くなりました。

終盤にダウン気味になられた方や、帰宅後熱中症症状になった方も有った様です。

暑い時期の定例会の持ち方として、反省点も多々ありました。

まだまだ暑い日が続きます、気を付けて進めて行きたいものです。

 

 

やまちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス