手術当日の夜 | オンナだって強くなりたい♪~虚弱娘の空手奮闘記~
2018-08-05 15:01:59

手術当日の夜

テーマ:怪我、病気

 

続き物です。

手術当日の事から書いています。

 

手術当日(前編)

手術当日(後編)

 

 

手術が終わり・・・・、

病室に運ばれてベッドに移し変えてもらった後、

 

モルヒネのスイッチの説明を受けました。

 

 

左腕の点滴からモルヒネが自動的に流れるケド、

黒いスイッチを押すと、

 

更に量が追加されて流れるようになっているので、

 

痛みがどうにも我慢出来ない時には、

躊躇なく、スイッチを押すようにとの事。

 

 

ちなみに、

モルヒネは1万回スイッチを押しても問題ないらしく、

 

何回押しても、

実際には20分に1回、1時間に3回しか追加されないそうで、

 

空打ちが多くなると、

ナースステーションで分かるので、

 

様子を見に来てくれるという仕組みらしいです。

 

 

女性看護師さんから、

「この後、夜間の担当に変わります~!」

 

と説明があり・・・・、

 

「この病院イチバンのイケメン看護師ですよっ☆

夜中ずっと看病してもらえるなんて、羨ましいっ!」

 

 

・・・・テンション高く教えてくれたケド、

正直、痛みでそれどころじゃなかったです(→o←)ゞ

 

 

しばらくすると、

その紹介のあった男性看護師さんが。

 

 

イケメンかどうかは分からなかったケド、

若い男性だったので、ひたすら気まずい(´_`。)

 

 

夜中から朝6時まで、

30分に一回、血圧と体温を計りに来てくれて、

 

手術の傷跡の出血を見るために、

手術着をめくって確認される。。。

 

 

むこうからしたら、

患者の全裸なんて仕事だし何とも思わないだろうケド、

 

こっちは痛みがある中、ひたすら気まずかった(ノ_-。)

 

 

夜中は痛みが強く出て、

モルヒネのスイッチも連打しまくりで、

 

熱も上がって、

平熱は35度なのに37.6~37.9度まで熱が上がり、

 

暑くて痛くてしんどくて(><;)

 

 

痛み止めだけでなく、

眠くなる薬も点滴に入っていると聞いていたケド、

 

全く眠くならなくて、

ちっとも時間の進まない時計ばかり見ていました。

 

 

とてつもなく・・・・、長い長い夜でした。

 

 

続く

 

人気ブログランキング人気格闘技ブログランキングへ

MIDORIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス