絵本 おすすめ | いつも笑顔でいられる日記
新型コロナウイルスに関する情報について

いつも笑顔でいられる日記

いろんなことに追われる毎日ですが、いつも笑顔でいられるように、毎日の生活の中で気になったことや面白いと思ったことなどを投稿していきます。

これを絵本といってよいのか、正直わからないのですが、最近、重度の知的障害のある長女が気に入っている本があります。

それは、物語のある本ではなく、食べ物が描かれた絵本。

しかも。

食べ物は絵ではなく、実物の写真が載っている絵本です。




発達障害の子どもにスケジュールというか、予定を伝える手段として使われるのは、絵カード。絵カードはというのは、文字通り、イラストが描かれたカードなんですが、それを子供たちに見せて、何がこれから行われるのか、を伝えます。

イラストの内容が理解できるケースが多いのでしょう、特別支援学校の先生たちも、生徒たちにそれで、予定を伝えていました。

しかし、ウチの子どもの場合、それでは伝わっていなかったようです。それがわかったのも、今、療育を受けているところで、アセスメントを受けたからなんですが、それを知らされた学校の先生にとっては、ショックだったようです。

あと、これはウチの子どもの場合なんですが、行く場所の施設ではなく、人のほうが、理解しやすいようです。なので、ウチの場合、放課後デイサービス(今は行けてませんが)や実家に行く場合などは、スタッフや家族の写真を見せるようにしています。

そういうこともあるので、本を見ているといっても、本の何を見ているのか、どういうことに興味があり、何と何がつながっているのか、そういった目で観察してみるのも大事ですね。





1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ