セロトニン神経(追記) | 低血糖症の治療

低血糖症の治療

低血糖症を治すために頑張っています。

セロトニン神経を鍛えること。

週に1回は涙を流す。(恐怖・不安・痛みの涙はダメです。)

映画・ドラマ・小説・音楽などで涙を流すと、セロトニン神経が鍛えられるからです。

陽の光を浴びる事も大事です。

(目を覆っては意味がありません。でも、太陽を直接見ないように。)

 

また、疲れすぎてしまうとセロトニン神経が弱ってしまいます。

気を付けましょう。

 

※セロトニン神経が活発になると、

 セロトニンが多く分泌し、アドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミンの分泌を減らす。

 

 

追記:陽の光を浴びることは大切ですが、

   疲れてしまうまで、陽の光を浴びるのは止めましょう。

   また、真夏の時などは外出は控えて下さい。

   家の中から陽の光を浴びるのも、ある程度効果があります。

   とにかく、体に負担をかけすぎないことが大事です。

 

   本には「1日に30分だけ外出するのが効果的!」という言葉があったのですが、

   僕は間違っていると思います。

   これでは、ほとんど家にいることになるし、

   ずっと続けてしまうと、ストレスが溜まって逆効果になります。