セドナ12日間の旅② | Blue terraceのLOHAS日記

Blue terraceのLOHAS日記

茨城県水戸市 完全個室エステ


テーマ:
2日目は、いよいよセドナ in

シャトルバスが出発するホテルへ移動しセドナへ出発!!!!
行きのシャトルバスは私1人のみで、快適!
爆睡してしまいました😅

出発してから2時間半。
目が覚めた時には景色が変わっててびっくり!


想像していたよりも赤い岩山が近くにあるですね〜

セドナ空港にあるレンタカー屋さんで降ろしてもらって、そこから自力で移動です!
初めての右側通行はドキドキ。
2回くらい逆走しそうになりました💦

行き先は、セドナより30分ほどフェニックス方面に戻ったところにあるモンテズマへ。

モンテズマキャッスル国立モニュメント。
先住民であるシナグア族が住んでた高層マンション!!!



ここには初めて来たような感じがしませんでした。昔、
住んでたのかな?

旅の始まりから「ジュニパーベリー」が頭に入ってきてたのですが、この地にはジュニパーベリーの木がたくさん生えてるんですね〜。って、まだこの時はジュニパーベリーが起こす奇跡に気づいてないのでした

お次は、モンテズマウェルへ。
全て同じ場所にあるのかと思ってたのですが、モンテズマ・キャッスルでパンフレットを見なかったら気付かず辿りつけませんでした💦

泉の底に水源があり、毎日570,000,000ℓの水が湧いてるんだとか

大昔に天変地異を逃れ、地底で暮らしていたホピ族が、このモンテズマウェルから出てきたという伝説も残っているそうです。



この場所の洞窟のどこかに精霊の声が聞ける場所があり、神聖な場所とされているようです。
うぉ〜!洞窟入りて〜精霊の声聞きて〜


トレイルを歩いていると、下のクリークに行く道があり下りていきました。
とても静かなところで気持ちいい場所でした。

そこには、先にネイティブっぽいおじ様と女性2人が。
ネイティブ?のおじ様が話しかけてきて、自分のインディアンフルートを出し、吹いてみるか?と差し出してきました。
「お、おお」って、なりながらも吹かせてもらう事に。

その後、川に手をつけていると4人組が現れて、何やらセレモニーが始まりました。
へぇ〜って見学していたんですけど、パイプをそこにいる全員に順番にまわってきました。
何と!何か分からないまま、このセレモニーの参加者になってました😅

セレモニーも終了して、みんなでハグをした後に4人組は去って行きました。
そして、またネイティブ?のおじ様と女性2人の4人の空間に戻りました。

いろいろ話しかけられるのですが、なんせ英語力0なもんで、何を言ってるのか分からない😭
なぜポケトーク持ってこなかったんだぁ

だって、こんな所でこんなに会話すると思わなかったんだもん

言葉も通じないし、レンタカーの返す時間もあるし…。(←ほとんどが言葉が通ず、気まずい空間から脱出したかった)

なので、「もう行くね」と軽くハグをして帰ろと思ったら、ネイティブのおっちゃんハグ長っ!

長いなぁ〜と思いながらも呼吸を合わせるんだ〜と気づき合わせいきました。
何か唱えてたなかな?あんまり覚えてないけど…、トレイルに登って駐車場までの道の途中、涙がポロポロと流れてきました。

人生の中のほんの一瞬の出逢い。もう二度と会うことはないかもしれない。
そして言葉も通じなかったけど、同じ時間を共有することが出来た奇跡に感動しました。

そしてセドナへと戻るのでした。

つづく。

Blue terraceさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス