茨城ツアー【特別編】 | Blue terraceのLOHAS日記

Blue terraceのLOHAS日記

茨城県水戸市 完全個室エステ


テーマ:
16日、17日はご縁がありまして、神伝人の山田祥平さん、神和繋の絵麗さんの企画+えるぅかさんの茨城ツアーのお手伝いをさせて頂きました

いつもは後部座席は外し、打楽器+2人乗り仕様にしていますが、車を購入後初めて椅子を全て取り付け、本来のこの車の用途を果たす事が出来ました
{EF0CD518-C924-47B2-BB2D-63971F836730}

1日目は茨城古来の強〜い神さま香々背男さんツアー。泉神社、大甕神社、御岩神社。

この時点で全て周れるのかと不安がよぎります…。(ただの参拝だけでしたら可能ですが)


水戸のホテルで3人、大甕駅で2人をピックアップし、いよいよ最初の目的地の泉神社へ。

ここで到着後、泉神社の⛩をくぐるのかの思いきや、その前の聖徳太子堂にて聖徳太子のお話 
とて〜もタメになるお話ですが、じ、時間が…
ようやく⛩をくぐったのは到着から30分が過ぎた頃でした(笑)
{65E6D77E-6CB6-44F7-A710-FEDA0B594917}

参道を通って本殿参拝→泉の湧く弁天さまのところに着くまでにも、かな〜りの時間を要しました。
{9B8E89B3-0868-4C77-87E7-C061066965A7}

いよいよ。いずみに到着。
ここで大ハプニングが
{F516F2D8-378E-4B6E-A9AB-185D5A0A54CA}

水の中に携帯を落としてしまい、
靴下を脱いで中に入って取ろうとしてましたが、いや〜入ったら間違いなく腰まで浸かる深さだろうと、用意出来る長い物=傘を取りに車へ。

傘を渡し、それで取ろうとした瞬間。ドボーン
吸い込まれるように泉の中に落ちてしまいました
結局、腰まで浸かってしまいました
禊をしたという事でと、運良くお泊りで着替えを持っていたので、おトイレでお着替えを…

これが、後に必要で起こったのだと繋がります。

お着替えをしてもらってる間に私は一人、気になった道を。
{65A08212-BBA9-4267-A161-BC38DB090E1F}

泉が森で一番高い場所にそびえ立つ樹。
とてもエネルギーが高かったです

さぁ、そろそろ皆んな駐車場に戻ってるだろと行ってみると、誰もいない

え?!まだ泉?と思ったら本殿前で何やらご神事したました。
絵麗さんが、こちらの神さまとの「神魂繋(むすひ)」があったようです

泉神社で全ての役目を終えて大甕神社への前に温かい物を求めてコンビニへ。
ここで、時間的に御岩神社には時間的に厳しい事をお伝えしましたが、どうしても行きたいとのこと。頂上まで行くなら14時半には登り始めないと厳しいともお伝えしたところで、大甕神社を最後にする事に。
そして、えるぅかさんの提案でコンビニでお昼を買ったあと、香々背男さんの欠けらが飛んだ石神社へ行くことに。

{E434A9A8-305C-4436-A9CC-203F9EAB8884}

サラッと済むのかなと思ったら、こちらで泉に落ちた参加者さんの神魂繋(むすひ)が行われる事になりました。
{EA67C58F-996B-4CA8-B0BC-CD7AC6C8B9FF}

降りた神さまの名は香々背男さん。
あぁ。だから泉に落ちたのは禊で泉神社の泉で無いといけなかったんですねぇ。

泉神社と大甕神社はセットとされていて、香々背男さんは泉神社のお水と女性の血を欲しがります。

この参加者さん、なんと!この日は生理だったそうです
{79529D0D-EF8C-4D32-B5D5-80DDF8763740}

えるぅかさんのご神事も終わり、光が入りました✨

この後は、登るには遅くとも2時半には登らないと危ないので、高速をかっ飛ばして御岩神社へ
{E9C2D980-811F-4229-AE4E-FB68E8FDA7EE}

昨年は御岩神社はあまり行ってなく、1年ぶりの参拝でした。

到着したのが14時半。
登る前に参拝するから…@15時…無理だな。
と、本殿隣の姥神さまの所でもう一人の参加者さんの神魂繋が…ここで?ヒルコさん?だったかな?と繋がってました。

残念ですがタイムオーバー。安全面を考えて山には登ることは諦めてもらいました。
またの機会に。
今度はツアー丸1日御岩神社にした方がいいですよぉ〜。

御岩神社を出たのは16時過ぎ。
ここからまた大甕神社を目指します。

到着は17時、真っ暗です…
暗闇神社初めて〜!!!!
{2017FF79-376D-4BBC-9BE0-611BA7A5F325}

もちろん!暗闇の岩山を登り本殿にも行きました。

ここで香々背男さんを紐解く。
全ての情報は出せませんが、封印もしてないし、されてもいない。
その当時の出来事は今では想像もつかない程の複雑さがあり、誤解があった誤解された。

との事。えー封印されてたんじゃないのぉ?

人々の意識が封印という状態を作り、広がらないそう。もっと香々背男さんを広げて欲しいそうです。


最後に国道を挟んだ祖霊社の脇の小山。
の前に、19:08の特急に乗る参加者さんを大甕駅に送りに行って、大甕神社に残るメンバーと合流をする為、その祖霊社脇に暗闇の中、ひとり歩いて行きました。
真っ暗で超怖っ!!!!
人の気配を感じられなかったので一度は引き戻しましたが、連絡つかず、別の想像した場所にもいなかったので、覚悟を決めて進む事に。

真っ暗の階段を登り、さらに昼までもちょっと怖く感じるそこへ、携帯のライトの光のみで入って行くと…誰もいな〜い

  ちょ〜こえ〜 
 ちょ〜こえ〜 
ちょ〜こえ〜よ
(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

その後、無事に皆さまと合流しまして〜例の場所でワークをして宇宙ミーティング。
{3C7A487E-7379-422F-85CD-459D2223DAB1}

全てが終了したのは20時半を回っていました

2日目へとつづく。





Blue terraceさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス