新潟記念2019予想/過去データ分析 ⇒ 夏休み返上で挑む得意の左回りコースにおいて、これまで所持していた『オープン特別大将』の座を返上して重賞初制覇を飾るのはアノ馬!?

 

⭐1着予想YouTube⭐

消去馬 直近27週64戦34勝 1着的中率53.1%

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20190826180711p:plain

 

おすすめ軸馬 200戦165勝(187/200)
勝率82.5%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 291戦220勝(270/291)
勝率75.6%馬券圏内率92.7%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

2019年9月1日(日)

新潟競馬11レース

第55回 新潟記念(G3)

新潟芝2000m

 

先週の日曜日開催は朝方まで雨が降ったこともあって稍重馬場でのスタートとなっており、芝レースの勝ちタイムを見ても土曜日よりは少し力のいる馬場となっている印象を受けました。ただ、今週は梅雨前線が発達している影響で日曜日までずっと雨予報が出ていることから毎年のような高速馬場での決着は望めそうになく、例年以上に各馬の力のいる馬場での好走実績に注目しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

《過去の新潟記念好走馬》

《チェックポイント》

 

① 高い好走率を残す前走小倉記念組は勝ち馬より

『凡走馬の巻き返し』に要注目!!

サマー2000シリーズの最終戦で行われるレースながら他のレースと比べて『直線の長い左回り2000m』を舞台として行われるといった点から全くと言っていいほど異なる適性が求められる新潟記念ですが、その傾向をこれ以上ない形で証明しているのが前走小倉記念組の同レースにおける成績です。過去10年において【6・2・4・31】と他レースと比較しても最多8頭の連対馬を輩出しているように新潟記念における最重要ステップレースの地位を確立しているのは間違いありませんが、小倉記念で好走した馬が同レースで好走しているかと言われれば決してそうは言いきれないのが同レースにおける波乱決着が多い理由の一つとして挙げられるのではないでしょうか。09年5人気1着ホッコーパドゥシャ、14年1人気1着マーティンボロなど小倉記念2着→新潟記念1着と連続好走する馬がいるのも事実ですが、過去10年で小倉記念と新潟記念を連勝したのは17年6人気1着タツゴウゲキしか存在せず、同馬は前走で重賞を勝利していながら新潟コース適性が不安視されて人気を落としていたことから馬券的にはむしろ『買い』の存在であったのもまた事実でしょう。むしろ馬券的に狙い目となるのは【小倉記念で馬券圏外に凡走】人気ブログランキングへ(紹介文後半にて公開中!7位くらい)していた馬の存在で、10年5人気1着、11年5人気1着で新潟記念連覇を達成したナリタクリスタルが10年小倉記念2人気4着、11年1人気6着と2年連続で凡走から巻き返しているのを筆頭に、11年9人気2着サンライズベガが同7人気15着、12年8人気3着アスカクリチャンが同7人気6着、13年8人気2着エクスペディションが同2人気6着、14年3人気3着ラストインパクトが同1人気6着、15年6人気1着パッションダンスが同4人気6着、そして17年12人気3着カフジプリンスが同9人気5着とほぼ毎年のように前走から巻き返しての凡走が見られ、さらに前走凡走したことで人気を落としての激走が多いのも馬券的には要注目の傾向と言っても過言ではないでしょう。16、18年は前走小倉記念組が馬券に絡まなかったように近年は若干傾向が変わってきている可能性もありますが、該当馬がいたらチェックしておくべき存在であるのは間違いないと思います。

 

今年の出走予定馬の中で前走小倉記念に出走しているのは、2着カデナ、12着アドマイヤアルバの2頭のみとなっています。過去の傾向を見る限り2着カデナは好走するだけの資格は十分ありそうですが、高配当を期待するならアドマイヤアルバの巻き返しにも注意しておきたいところですね。

 

② ハンデ戦ながら

比較的重い斤量を背負った馬が有利

夏のローカル開催で行われるハンデ重賞となると近走で条件戦を勝利した勢いのある上がり馬が軽ハンデを活かして実績馬相手に好走するといった場面を期待したくなるところですが、直線が長いコースで勝ちタイムが非常に速くなることで絶対的な能力の高さが求められることが影響してか、新潟記念においては比較的重いハンデを背負った馬が好走しやすい傾向があるのは注目すべきポイントと言えるでしょう。特に高い好走率を残しているのが【3・4・0・22】で7頭の連対馬を輩出している56キロのハンデを背負った馬の存在で、中でも【2・2・0・4】で連対率50%と驚異の好走率を誇っている7歳馬は10年10人気2着トウショウシロッコ、11年9人気2着サンライズベガ、12年7人気1着トランスワープ、15年7人気1着パッションダンス人気薄での好走が多いことから回収率も非常に優秀なものとなっており、該当馬がいれば無条件で買い目に入れてもいいかもしれませんね。他にも【3・0・4・21】の55キロ、【0・2・3・14】の57キロのハンデを背負った馬も上々の成績を残していますが、56.5キロのハンデを背負った馬は過去10年でわずか2頭の出走数ながら09年5人気1着ホッコーパドゥシャ、17年1人気2着アストラエンブレムと連対馬100%となっており、該当馬がいれば要チェックの存在と言えるでしょう。ちなみにハンデ53キロ以下の馬は【1・0・2・35】と好走率が極端に低く、さらに唯一の勝ち馬である13年10人気1着コスモネモシンを除く牡馬に限定すれば【0・0・2・21】で3着が2度あるだけの不振傾向は明らかだけに、牡馬で明らかに実績が足りてない馬に関しては無条件で切ってもよさそうですね。

 

今年は比較的重いハンデを背負った馬が多い印象ですが、その中でハンデが56キロの馬は、ダッシングブレイズ、コズミックフォースの2頭のみとなっており、特に7歳馬のダッシングブレイズは近走不振ながら要注目の存在と言えるでしょう。また、57キロのハンデが嫌われて人気を落とすようであればレイエンダ、ユーキャンスマイル、ブラックスピネル、カデナの4頭も高評価しておいた方がいいかもしれませんね。

 

③ 瞬発力が活きる舞台ながら

波乱を演出するのは『馬体重500キロ以上の大型馬』!

直線が長い上に平坦なコース形態ということもあって、どちらかと言えば瞬発力勝負に秀でた馬体重の軽い馬の方が有利な印象が強い新潟記念ですが、過去10年勝ち馬10頭中5頭が当日の馬体重が500キロ以上の大型馬であったのに対して、460キロ未満の馬で連対したのは13年8人気2着エクスペディション、14年1人気1着マーティンボロの2頭のみとなっており、500キロ以上の馬が【4・1・2・17】の成績を見ても近年の新潟記念においては加速に若干時間が掛かるものの長くいい脚を使えるタイプの馬にとって有利なのは明らかと言えるでしょう。さらに上記で挙げた馬券圏内に好走した7頭の内、11年9人気2着サンライズベガ、12年7人気1着トランスワープ、15年6人気1着パッションダンス、17年12人気3着カフジプリンスの4頭が人気薄での好走だったこともあって複勝回収率が120%近い優秀な数字を残しているのは高配当を期待する意味でも見逃せない傾向と言えるでしょう。ちなみに500キロ以上の大型馬でも、関東馬が【3・0・0・9】であるのに対して関西馬は【1・1・2・8】と勝率・複勝率の面で違いが出ているのは面白いポイントと言えそうで、同じ大型馬を狙う場合でも関東馬であれば単勝や連単馬券の1着固定、関西馬であれば馬連・3連複馬券のヒモ穴として狙い方を変えながら馬券を買うのが有効と言えるのではないでしょうか。

 

今年の出走予定馬の中で前走時点で500キロ以上あった馬は、ダッシングブレイズ、ブラックスピネル、ダイワキャグニー、カヴァルの4頭となっています。この中でも関東所属馬であるダイワキャグニーは左回り巧者である点カヴァルに関しても同じく左回り巧者であるのに加えて3連勝中と勢いがある点も評価して頭固定で馬券を買うのも面白いかもしれませんね。

 

《新潟記念2019》

《過去データ分析から見る本命馬》

 

こちら人気ブログランキングへ

競馬日和ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(7位くらい)

 

【◎ダイワキャグニー】

過去データから個人的にはカデナを買いたいところですが、3戦連続人気薄で好走された後の上位人気で後追いするのは馬券的なリズムを考えると賢明とはいえず、それならばこれ以上ない左回り適性の高さを証明しているにもかかわらず予想オッズでは全く人気のない同馬の方を本命評価にしたいと思います。古馬になってからは1600~1800mを中心に使われている同馬ですが、2000mでも中山金杯5着、白富士ステークス4着と好走しており距離適性がない訳ではなく、今年に入ってのマイル戦で前半追走で苦労する面を見せているように年齢を重ねて徐々にズブい面が出てきていることを考えれば、今回2000mに距離が伸びる点に加えて前半ほぼ間違いなくスローペースで流れる新潟記念のレース傾向にマッチする可能性はかなり高と言えるのではないでしょうか。関東所属の大型馬であるのも同レースの好走傾向と合致しており、過去10年において前走オープン特別組が【0・0・2・10】と連対馬が出ていない点に関してはやや不安が残るものの、得意条件である今回は重賞初制覇の最大のチャンスと言っていいのではないでしょうか。

 

⭐1着予想YouTube⭐

消去馬 直近27週64戦34勝 1着的中率53.1%

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20190826180711p:plain

 

おすすめ軸馬 200戦165勝(187/200)
勝率82.5%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 291戦220勝(270/291)
勝率75.6%馬券圏内率92.7%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)