建国記念の日 | とみの和憲 徒然ブログ Powered by Ameba

建国記念の日

今日は『建国記念の日』。
「建国をしのび、国を愛する心を養う」日。
国のルーツを想い、先人達のご努力に感謝すると共に、今上陛下のご健康とご皇室の弥栄、国の繁栄をお祈りしたいと思います。

午前中、自宅で過ごし、昼からサンポートホール高松へ。


午後1時30分から『令和2年「建国記念の日」を祝う香川県民の集い』に参加。
市議になって以降、毎年参加させて頂いています。


国歌斉唱後、主催者である佐伯会長のご挨拶。


来賓挨拶では自民党の平井衆議院議員と国民民主党代表の玉木雄一郎衆議院議員が登壇。


そして、浜田県知事。


大西高松市長。


参加した県議、市議、首長などもご紹介頂きました。
また、祝電披露では小川淳也さんの「ご皇室の弥栄をお祈りする」とのお祝いメッセージも披露されました。

式典後、高松第一高等学校合唱部による『日本の歌』♪
毎年聴かせて頂いていますが、癒されますね~。


記念講演は、ロバート キャンベル先生(日本文学研究者、国文学研究資料館長、東京大学名誉教授)による『日本らしさ、地域らしさ  「らしさ」はどこから生まれてくるのか』と題したお話。
国文学研究資料館でのお仕事の事やご自身が幼少期を過ごされたニューヨーク市内のアパートを昨夏に再訪した際のお話などをお聴きしました。
日本文化は『スクラップアンドビルド』ではなく、古い解釈や概念も大切に残し、新しい解釈や概念を積み重ねてきたと。


なお、この集いには、立憲民主党香川県連合も協賛させて頂きました(旧民主党・旧民進党の県連時代から協賛しています。)。


午後4時25分頃、閉会となり、地元へ戻り、数軒にお邪魔して、ご挨拶など。