広島原爆の日 | とみの和憲 徒然ブログ Powered by Ameba

広島原爆の日

広島への原爆投下から74年目。

午前4時過ぎに起床し、午前5時、実践倫理宏正会高松西支舎『平和祈念朝起会』。
初代会長が広島で被爆し、その焦土から立ち上がって設立したのが実践倫理宏正会。
今月の会報には現会長の『平和は自らつくり上げるもの』というお話が掲載されていますが、今ある平和の尊さを胸に刻み、他者の仕合わせ(幸せ)こそが自らの仕合わせ(幸せ)につながることを信じ、地道に実践をつづけていくことこそが、戦争や暴力のない平和を築くための最初の一歩になる。


閉会後、帰宅し、小休止。

そして、午前8時10分~35分、高田整形外科前交差点で1,058回目の『朝のご挨拶』。
今朝はたくさんのお励ましのお声掛けを頂き、恐縮しました。
ありがとうございました!


『朝のご挨拶』後、市役所に登庁。

正午、田町警備派出所前での野党各党参加の香川革新懇『12・6を忘れない6日行動』に参加し、立憲民主党香川県連合を代表してご挨拶。
広島原爆の日、「あいちトリエンナーレ2019」での『表現の不自由展・その後』中止などについてお話しさせて頂きました。

午後1時過ぎには退庁。

昼食を摂ってから、立憲民主党香川県連合・小川淳也事務所共同事務所に入り、午後5時過ぎに退所。

午後7時、高松東ライオンズクラブの例会訪問。


RC(リジョン・チェアパーソン)のホストクラブ(高松空港ライオンズクラブ)サポーターの一人として参加。
お一人の入会式もあるなど、貴重な時間を共有させて頂きました。