テーマ:

 

 

行ってきました、

初めての国会図書館。

 

めっちゃおもしろかった。

 

 

 

利用者カードをつくって

資料の予約をして、

 

という通常の図書利用や

食堂の利用なども

楽しかった?のですが、

 

中でも、

事前予約の『参観』が

特によかった。

 

 

 

なにがどうよかったって?

 

はい!

レポします☆

 

 

 

 

このメンバーで参観してきました!

一番右がカミヤです。

 

 

 

 

国会図書館東京本館へは

各線各駅つかえるのですが、

 

この日、私が使ったのは

永田町駅。

 

最寄りの出口から向かうと

この案内板が目に入って

 

「近づいてる、近づいてる」

 

って気持ちが盛り上がります。

 

 

 

 

予約の際に

集合場所と時刻を指定されます。

 

みんな時間前到着!

 

すばらしい!

 

私がちょうどぴったりに到着で

一番最後でした(笑)。

 

主催者が到着したときには

参加者さん同士の

自己紹介が終わっているという(笑)。

 

なんて自立したみなさんでしょう!

 

何もせずに楽チンでした。

ははは。

 

 

 

それにしても

日差しがまぶしかった今日。

 

桜も満開で気分上々。

 

係りの人がお迎えに来るまで

桜の写真をたくさん撮りました。

 

この時点でなにかすでに

一つやり遂げた気分(笑)。

 

 

 

 

ほどなく案内がスタート。

入館です。

 

今日は我々含め3組8名での

参観となりました。

 

 

 

まずは”控室”と呼ばれる

DVDを観るお部屋に案内されます。

 

ここで館内を案内する資料と

館内持ち込み用の”透明ビニール袋”

などなど

参観用のセットがもらえます。

 

 

15分ほどのDVD
(国会図書館の成り立ちや

役割、所蔵についてなど)を観て

 

いよいよ図書館全体を

ぐるりと案内していただきます。

 

鍵のかかるお部屋に

大きな荷物は置いて、

 

貴重品は例のビニール袋で

携行してスタートです。

 

 

 

図書館の利用方法

 

例えば、

資料の検索についてや、

コピーのこと、

本館と新館の所蔵の違い、など

 

場所ごとに

「ここはこうなんですよ~」

 

と説明していただけます。

 

 

 

 

おもしろかったのは、

「資料の予約」の紙バージョン。

 

資料の予約は、

備え付けのパソコンから

検索~予約が

通常のルートですが、

 

「予約票」なる紙の

申込用紙も(補足的にとはいえ)

現役なのだとか。

 

 

 

空気圧で

ひゅーんと筒状の道を

飛んでいくらしく

 

その仕組みを聴いて

”おぉ~!笑”

と盛り上がりました(小声でね)。

 

 

 

そんなこんなで

一般来館者の利用エリアを

案内してもらったあと、

 

いよいよ書庫へ

入っていきます!!!

 

閉架式の図書館の資料が

どんなふうに保管されているのか。

 

めちゃめちゃ興味津々です。

 

 

 

子どものころから

一度は行きたいとおもっていた

国会図書館。

 

当時は”閉架”とは

理解していませんでした。

 

たくさんの本があるところ、

本がずらりと並んでいるところ、

 

というイメージが

わくわくの源だったのです。

 

それなのに

そこそこの年齢になって

 

直接はみられないのだ、

と知ったたときの落胆。。。

 

 

 

いつのころに知ったのかは

もう覚えていませんが、

 

なんとなくそのころからか

国会図書館熱?が下降していった

わけです・・・

 

が。

 

いよいよそれが見られるわけです。

 

うふふ。

 

楽しみでないわけがありません。

 

 

 

ここで

最初に渡された

”参観セット”の出番です。

 

 

これ↓です。

靴カバー(笑)。

 

外部の人間が書庫に入ることによって

保存環境を妨げないよう、

 

こんな配慮があるのですね。

 

 

 

 

ちなみにこの写真は

許可をいただいて撮影しています。

 

館内どこでも

基本的に写真は撮れないようで

 

参観ツアー中、

唯一ここだけで撮影OKが出ました。

 

 

 

この↓吹き抜けも同じ場所です。

書庫は地下なので、

窓がない。

 

暗い、息がつまる、天候が分からない・・・

 

などが理由かどうかは

分かりませんが、

 

やはり窓のない環境は

人の心によろしくない(笑)。

 

で、この吹き抜けが

存在しているようです。

 

 

 

いやぁ、それにしても。

 

書庫すごかった。

 

『網羅的に価値判断をせずに保存』

の意味が視覚的に迫ってきます。

 

ほんとすっごい。

 

 

 

こんなのも取ってあるんだ~、

 

とあまりに懐かしい情報誌名などに

あちこちから声が上がりました。

 

 

いやほんと、すごい。

 

1年、2年じゃない、

10年、20年じゃない、

 

本気で”永久に残す”という

使命を負っている、

 

そんな気合を感じました。

 

 

 

脱線しますが、

このところ古典を読んでいたので

 

この”保存”ということの価値は

うっすらイメージできている

つもりでしたが・・・

 

1000年、2000年先の人たちが

 

”保存状態がよいからわかった”

 

というふうに役立つとよいな、

と改めて思います。

 

 

 

というわけで、

1時間40分の参観を終えて

我々にとっては

図書館での目的の半分が終了。

 

 

利用者登録のカードをつくって

閲覧してみる、

 

のが後半の目的。

 

 

いったん建物を出て

参観用ではなく、

通常の利用者入り口に向かいます。

 

 

 

おー!

国会議事堂だー!

 

図書館の向かい側が議事堂。

 

永田町にいるのだなー

と実感(笑)。

 

 

 

 

利用者用の入り口。

ここが正門?ってことでしょうか?

 

 

 

 

敷地内にも桜が満開。

本当にジャストなタイミングでした。

 

うーん。

ラッキーでした。

 

 

 

 

初めての人はこちら。

新館で登録の手続きをします。

 

私は運転免許証と

手渡された記入用紙一枚で

手続き完了。

 

 

10分くらい待ったかな・・・

5分くらいだったような。。。

 

平日の12:00前ですからね

人も少なかったのかもしれません。

 

 

 

晴れて利用者カードを

発行していただきました。

 

正式には『登録利用者カード』

と呼ぶようです。

 

この一枚で

東京本館、関西館、国際子ども図書館の

3館すべてが共通で使えるようです。

 

 

 

このカード一枚で

知の海に入ることができる・・・

 

すっごい。

 

すごいです~。

 

なんだかわくわくしますね。

 

 

 

パソコンが至るところにあるので

空いている席について

 

まずはPWの変更

借りたい本の検索

 

をやってみます。

 

 

 

おー!

 

やってみると

めちゃめちゃ肚落ちしますね。

 

さんざんホームページ見てきたけれど

やっぱり実際にやってみるって

違いました。

 

めちゃ楽しい(笑)。

 

ちょっとテンション上がりました(笑)。

 

 

 

お仲間さんたちも

それぞれ資料をオーダーしたところで

 

資料が用意されるまでの

時間を利用して

 

館内6階の食堂でランチしました。

 

まさに社員食堂の

雰囲気のままの食事処。

 

日替わりメニューと

定番メニューなど

 

いろんなメニューがありました。

 

 

 

 

今日の日替わりメニューC↑

ロコモコです。

 

小さそうに見えたけれど

しっかりお腹いっぱいに。

 

これで500円。

美味しくて早くてこの価格。

 

お手軽です。

 

ここまで充実しちゃうと

朝から閉館まで

居座っちゃいそうですね(笑)。

 

 

 

小一時間ほど

おしゃべりしつつランチをして

資料の受け取りへ。

 

館内に入ってから出るまで

何かにつけて

 

さっきの『利用者カード』

が必要になります。

 

 

 

PCを使うのも、

資料が届いているかを確認するのも、

届いた資料を受け取るのも、

資料を返却するのも、

 

ぜーんぶカードで

記録され管理されるようです。

 

 

 

大事な書籍ですものね。

 

間違いがないように

きちんと管理されているのだな、と

恐れ入りました。

 

 

 

 

実際のところ・・・

 

地元の図書館の所蔵だって

それなりだし、

 

相互貸し出しサービスが充実していて

どうしても国会図書館じゃないと

閲覧できない、

 

という資料って

そんなにないと思います。

 

 

 

それでも

行ってみたい、という願いを

実行に移してきてよかったです。

 

なんとなくハードルが高く

行く理由もないままでいましたが、

 

行ってよかったです。

 

 

 

一緒に参加したお仲間さんたちが

口をそろえて言っていたのは

 

「まずは地元の図書館を

使いこなそう」

 

でした(笑)。

 

 

 

これ、

やはり実際に国会図書館まで

行ったからこそ、

 

の感想なんだと思います。

 

 

 

こんなに本ってすごいんだ、

って実感するというか・・・

 

その本から距離を置いていることが

もったいないような気持になる、

 

世の中にはもっともっと

本の活用方法があるのかもしれない

 

という気持ちになるのでしょうか。

 

 

 

なにがどう具体的にすごいのか、

まだ言葉になりませんが。。。

 

本が好きで

本に憑りつかれた人たちが

存在する理由の一端を

見たような気がします(笑)。

 

 

楽しかったな。

 

上野の国際子ども図書館にも

足を延ばしてみようかな。

 

 

 

国立国会図書館レポ

お付き合いありがとうございました。ニコニコ

 

 

 

【4/10プロコーチ向けセミナー第二弾!vol.1】 プロコーチ向けセミナー第二弾!4/10

 

 

【4/11プロコーチ向けセミナー第二弾!vol.2】 プロコーチ向けセミナー第二弾!4/11

 

2/24の回に参加してくださった石川コーチが

ブログにしてくださっています!

 

石川侑理さんのブログ

→ 『GCS青山校での勉強会(2018/02/26)

 

石川コーチ、ありがとうございます!

 

 

こころを整える大人のぬり絵ワークショップ(夜開催)

 

 

 

カミヤカオリ

 

 

ウインク【受付中】開催予定の勉強会&セミナーはこれ

 

 

 

ニコニコカミヤってどんな人?
→ プロフィールはコチラからどうぞ

→ アトリエ南風『はじめての方へ

 

 

キョロキョロコーチング/カウンセリングが気になる☆
→ 詳細・お問合せ・お申込みはコチラからどうぞ

 

 

ウインク思い立ったときにスグ予約!前日18:00まで受付☆

→ メニューとご料金一覧はコチラからどうぞ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。