狂気のメニュー! | Marimba & Vibrapnone,All Mallet instruments Player K-Ta's blog ver 6.03 !!!
Fri, February 27, 2015

狂気のメニュー!

テーマ:日々徒然
というわけで,2/26『響木KyouKiー序ー』at 代官山・山羊に、聞く?
ご来場頂いた皆々様、お足元悪い中、ありがとうございました。

雨男が溜め込んだ雨が、どっと降った昨日。
またまた自分を追い込みすぎてのテンションの高い始まりとなりましたが、結果、みなさまから大好評頂き、有頂天になるかと思いきやちょっとこわくなっています。www

もうね、いい加減長くやってるわけで、今更緊張もあったもんじゃないと思うかもしれませんが、以外と「これが俺です。」って言うので、全て自分次第なところって実はあまりなかったんだな。
どこかのバンドのメンバーとか、サポートバックバンドの一員とか、もちろん準備もベストな演奏も同じようにするんだけど自分の采配だけじゃないっていうか、メンバーみんなと助け合って、ステージができるというね。

響木ももちろん関わってくれているスタッフ達とサポートでステージに上がってくれるミュージシャン達、みんなで作り上げているのだけど、まぁ言ったら、俺がポシャったら、全部台無しなわけじゃないですか。例えば手が突然動かなくなっても、弾き続けなきゃいけないくらいな。

まぁとにかく自分の作る山を乗り越え続けなきゃいけないこの感じは、他にはないスリリングな旅です。ましてやドッキリかと思うくらいのみんなで俺を担いでるんじゃないかと思うくらいの好評は怖さしかないです笑。。。


また次も超緊張するんだろうね、笑。


ってわけで、下記は演奏曲目の紹介でっす。思い出しつつ読んでもらえたら。長いけどね・・・
1)anba / Nebojsa Jovan Zivkovic
本間ちゃんの素晴らしいピアノ独奏から始まり、メインパートの演奏はさおりさん!主役のおいらはサブパートっていう。
でも、このスタートはいいね。気負いすぎてる自分がゆっくりスタートするためには、、、笑
超カッコいい曲なんだけど、映画のダイジェスト版のようにあっという間に終わってしまう曲。
準備万端整って、さっ出発って走り出した瞬間にほら忘れ物ーってかぁちゃんに呼び止められたような曲。だったでしょ?

2)The Ice Cream Suite Rag / Linda Dauwalder
マリンバの音ってかわいいから、おどけたラグタイムがよく似合うってことで・・・
この曲はもともと4人で演奏される曲だけど、NakedSoulは二人だから、頑張れば二人でできるってことで頑張った!今回はちょっといつもと違うアレンジでやってみましたが、最後の速度はあれ以上は無理かなぁ・・・今後、回を重ねるごとにラストが早くなっていくであろう恐怖を覚えます。

3)Footpath / Dave Samuels
個人的思い入れが超強かったこの曲。
SamuelsのTen Degrees Northというアルバムの最後の曲で最も良い曲(笑)。もう廃盤になってしまっているらしくて、家にあった一枚が見当たらない・・・どこかで探さなければ。
これはかつてSuicideSportsCarの出口さんと初めて会った時になんかやってみてっていうことで披露した一曲。これが元でかはわからないけど、その後加入が決まり、SuicideSportsCarとしてデビューしたわけですね。まぁまぁ、これが最大の難所でしたな、、、聞いた人はわかったと思いますが、まぁ大変な曲ですよ。。。この曲Samuels本人は即興演奏だったとのことなので、、、もうレベル違いすぎますね・・・脱帽。

4)川の流れのように / 見岳章(美空ひばり)
言わずもがなの名曲ですね。ひばりさんの映像に心を打たれ、秋元さんの歌詞に心を打たれ、見岳さんの美しいメロディーを歌詞を噛み締めながらいつも弾いています。マリンバを歌うように弾くっていうのは自分の特技だと思ってます。本当の歌は音痴だからできないからね。できれば、ヴォーカリストになりたかったと思うことがよくあるけれど、まぁね、K-Taにとってはマリンバが一番歌いやすい。

5)Wooden music / Rich O'meara
みんなで一緒に一つの木になる作戦。。。いかがだったでしょうか?
2台のマリンバ、、、まさに木の音が重なり合い生まれ出る倍音の渦で、何が見えたでしょうか?
山羊に、聞く?の木のオブジェも相まって、非常に穏やかな空間ができましたね。実はどこで演奏しても評判の良いこの曲。木ってすごいよね。本当に。。。彼らの刻む時間は俺たちにとっては永遠に感じる。その体をもらって、形を変えたマリンバをこれからも大事に演奏していきたいと思います。

6)Ghanaia / Matthias Schmitt
鳥の声やせせらぎの環境音に乗せてお送りしましたこの曲。これもマリンバのために作られたオリジナルソングで、演奏される機会の多い曲ですが、今回は比較的素のままの演奏でお届けしました。
ちょっと他とは変えてゴムむき出しのバチで叩いたので、サウンドが違う感じだったと思いますが、素朴な木の音がいい感じだったでしょ?

7)SilentSteps / K-Ta
さぁやっとここでオリジナルソング。もうねK-Taのライブにきてくれてる人にはおなじみのこの曲ですが、響木ヴァージョンはまた違った趣でいいでしょ?さおりさんの人力ディレイエフェクトも素晴らしいし、今回はこれのオリジナルを一緒にやっている滝本成吾氏登場によって、またまた世界が変わったかと思います。

8)Lawns / Carla Bley
これもK-Taライブではおなじみですね。かなり自由にアレンジしつつの演奏でしたが、これも滝本のセーちゃんと二人、寝食を共にする者同士の阿吽で(笑)、今宵限りの演奏が出来上がったかなと。。。いつもより評判良かったなぁ・・・www

9)Csardas / V.Monti
さて再び登場のピアニスト本間久美子さん。多分高校の頃、最初に伴奏してもらったときもこの曲だったかな?彼女の迫力あるピアノ演奏が大好きで、こっちも心置きなく遠慮なく演奏できるっていうかね。ほんと素晴らしい。そして、酒場で演奏されることが多いCsardasをたまにはくそまじめに演奏しようといったら、、、、まぁまぁご丁寧なあのパフォーマンスwww.。最高でしたね。

10)幻想即興曲 / F.Chopin
これもNakedSoulの十八番。秘密兵器の投入によりさらに精度が上がったこの楽曲。いかがだったでしょ?これはじつは自分の師匠からの脱皮というかコピーだった演奏を自分のものにするという瞬間に存在した曲で、ある意味独自のK-Taってモノの原点になってる曲なのであります。
なので、これも超大事な曲でもあり、リクエストの多い曲でもあります。

En1)The Morning Witch / K-Ta
ある朝のレム睡眠中に頭に浮かび、午前中で書き上げ、本番二日前にさおりさんに送るという暴挙に出た楽曲ですね笑、近々音源化したいと思いますので、ぜひ朝の準備中のテーマソングにしていただきたい。

En2)A Little Prayer / Evelyn Glennie
これも最近最もリクエストの多い曲となりましたが、これまたこの響木をやっていくことを決めるきっかけになった曲の一つ。日々思ういろいろな祈りを重ねているのですが、今回はこれから生まれ出る命たちへ、そして、その命たちのために正常な世の中に戻ることを祈って、演奏させていただきました。小さい自分が諦めないで、ほんのちょっとのことを一生懸命に、、、続けること、大きな流れが何が変わっても何が変わらなくても俺たちはここで生きているし、生きていかなければならないし、日々の幸せはそこに存在するし、絶望ではなく希望を、、、もって、、、むずかしいけど、簡単で、そんな色々・・・

いろんなことを考え、感じ、癒され、また次の自分へのアイディアに溢れる夜になっていたとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

東京次は6月。。。また会いましょう。
さらなる響木で、あなたを震わせられるように。。。また歩き始めます。


ありがとう!!!!
with love

K-Taさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス