バトルシップ

テーマ:
 

人類の存続は母なる海で決まる-

【ストーリー】
アレックス・ホッパーはろくでもない人生を送っていた。家も車も、ましてやお金さえない状況で誕生日を迎えた。誕生日を祝ってくれるのは実の兄だけだ。弟の人生を心配する兄を余所に偶然知り合った女性に近づくためにお店に不法侵入する始末。呆れ果てた兄の説得でホッパーは群に入ることになる。一方、世界では大規模な実験が始まった。宇宙の彼方にある星に電波を送って地球外生命体の確認をするという試みだった。同じころハワイでは世界各国の自衛艦が集結して大規模な軍事演習が行われた。だが合同演習時に沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。それは、地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だった。しかし、エイリアンは次々と未知の武器を繰り出し、激しい攻撃を仕掛けてくるのだった。


男心を鷲掴みして女心に一切配慮しない映画。内容は『インディペンデンス・デイ』の海上版だ。まさにハリウッド映画王道を行く娯楽大作だろう。

「なんだあれ?」→エイリアンの攻撃→人類ピンチ→逆転のチャンス→「反撃だ!!」といった流れ。これでもかと言うほどセオリー通りの展開のためもう何も心配のない安心のクオリティだ。

『トランスフォーマー』を手掛けたハスブロ社が制作する映画だけあって戦闘シーンのCGはド迫力だ。トランスフォーマーシリーズで得た経験をそのままこの映画に活かしている。絶対にこの映画は大きい画面、大音量で観るべき映画。映画館で観ることを薦めます。

ハリウッドの王道のため登場人物のカッコいい登場シーンがある。特に鳥肌が立つのは物語後半にでてくる第二次世界大戦を戦い抜いた年老いた老兵達だろう。まるでこれまでの主人公たちの活躍が前フリになるぐらいだ。

『インディペンデンス・デイ』『アルマゲドン』といい、ロートルおやじ達の一発逆転劇は盛り上がるね。ハリウッドは本当にこういった映画を撮るのはうまい。日本だとなかなかこういった映画は生まれない。挙げるとすれば『SPACE BATTLESHIP ヤマト』がハリウッド映画に対抗する映画だろう。

この映画も大勢死んだ上での英雄誕生と言う賛否両論が起こりそうな勧善懲悪映画。こういった映画の好き嫌いは別として大迫力の映像と興奮の戦いに身を任せるのもいいだろう。

バトルシップ(ピーター・バーグ監督、テイラー・キッチュ、浅野忠信 出演) [DVD]/出演者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp
AD