サユラのこと

 

私のことを書きます。

肩書は、、、ピッタリのものがないのですよね。

サイキックヒーラーとかチャネラー、チャネリングワーカー スピリチュアルカードリーダーとか、、?

『金沢のよく当たる占い師』と、よく呼ばれています。
でも、占いじゃない。

私がおこなっているのは
ハイヤーセルフへのチャネリングです。

それぞれのハイヤーセルフ=魂につながって
メッセージを受け取ります。
そして、そのメッセージをそのまま翻訳してお伝えしています。  

霊感的なものを使って、視ています。

心理学のNLPプラクティショナーコース、マスターコースも修了しています。 

現在は、カードを使った個人セッションよりも
私のようなプロを育てる講座を開講して、それが主な仕事となっています。


霊感が強い、変な子供だった幼少期。
今の時代であれば発達障害と呼ばれるであろう自閉症の症状があり、人が苦手で、ひきこもりとなり、小、中、高、大学まで進んだが、ほとんど学校へは行っていない。  

大学卒業後、会社員を5年ほど。
25歳で1回目の結婚し、その後離婚。  

29歳で2回目の結婚をしたとき、元夫の多額の借金(1000万弱)を肩代わりする。

借金を返すために、たくさん給料が取れそうな保険業に就く。
仕事をしない元夫に愛想をつかし、35歳ごろ離婚。
シングルマザーとなる。

当時の借金取りはとても厳しく、何度も死のうとしたが、死ねなかった。

この苦しい地獄の時代に、人生とは?生きるとは?を、考え続けたことが 今の私の糧になっている。  

命懸けの借金返済の中で、営業マンとしての力もメキメキとつき、39歳のとき損害保険の法人代理店として独立。  
波乱万丈の人生を生きて、石川県で活躍している人として、地元の新聞社の雑誌に載る。  

42歳で今の夫と再婚。

長い保険業生活の後半は、お客様の悩み相談を毎日受けるようになり、相談のお礼に保険に加入してくれる、という意味不明な状態にどんどんなってしまっていた。
その頃、TVで『オーラの泉』が放送されていて、『あ!私、これが出来る!』と思った。  

44歳のとき、保険業を廃業。
大きくなった代理店は、知り合いの代理店に譲り、チャネラーとしてゼロからの出発。  
サイキックタロットオラクルカードを使ったカードリーディングを始める。

開業当初は、30分3000円のセッション料金で
開業3ヶ月後には、売上が100万を超える。
当時は、1日も休まず、一ヶ月に200人以上を視ていた。  

クチコミでクライアントがどんどん増え、巷で『金沢のよく当たる占い師』とか『恐ろしいほど当たる占い師』と呼ばれ始める。  

たくさんの人をカードで導いているとき、どんなに良い方向性が分かっても どうしても超えられない、変化できない人たちと出逢うようになり、どうしたら前進して幸せを掴んでもらえるのだろうと思ったときに、心理学(NLP)に出逢う。  

クライアントたちが乗り越えられないと感じる、生きづらさや考え癖は 過去の幼少期の母子関係に原因があることを知り、心理学の解放セラピーを始める。  

現在は『占いじゃない恐ろしいほど当たるカードセッション』と心理学を用いた『感情解放セラピー』の個人セッション、カード講座や心理学の講座などを開講している。

また、自らを借金地獄から救い出した経験をもとに、潜在意識にアプローチして、自分の現実を変化させる『恐ろしいほど叶う!夢ノートセミナー』が進化し、『進化した夢ノートで設定変更セミナー』も大人気!