世の中には、さまざまなカッコよさがあります。




 

美しいアクセサリー、カッコいい服、髪型、香水など、自分

 

を今以上に美しく見せる方法はいくらでもあります。





ですが、そうしたアクセサリーや服も、身につける本人の

 

気品によって、カッコのよさが決まってしまいます。





服の問題ではなく、着る本人に問題があれば、どんな服でも

 

ダサく見えてしまうんです。





着飾っている女性が、下品な言葉を使っていると、その瞬間

 

から品位が下がってしまいます。





どんなにいい香りのする香水でも、どんなに美しい洋服でも

 

格が落ちてしまいます。





本当の気品は、物から出るものではありません。




 

体の内側から出るものなんです。




 

カッコよさを、アクセサリー、服装、香水、ブーツ、下着、

 

お化粧に求めてはいけません。





それは、二次的なカッコよさであり、本当のカッコよさでは

 

ないんです。




 

では、本当のカッコよさとは、どんなことを言うのでしょう

 

か。。。




 

本当のカッコよさは、オーラなんです。




 

その人から発せられるオーラ、つまり雰囲気であり気品

 

です。




 

これが、本当のカッコよさになります。




 

これだけは、今すぐお金を出して手に入れられるものでは

 

ありません。



 

 

教養、マナー、話し言葉、話し方を総合的に整えることで、

 

初めてオーラが出るようになります。




 

女優の吉永小百合さんは、79歳になります。

 

 

 

 

独特の気品のあるオーラが出ています。





いつも話し言葉が安定し、座るときは手を膝の上に置き、

 

何より姿勢がいい。





吉永さんが、ボロボロの服を着ていても、品があるように

 

見えます。





上品なオーラが出ているからです。





上品なオーラが彼女全体を包み込んでいるため、ボロボロの

 

服さえも、不思議と上品に変えてしまっているんです。





人を美しく上品に変えるために本当に大切なことは、身に

 

つける「物」ではありません。





体全体から出る「オーラ=心の姿」によって、決まるん

 

です。





文章からも、オーラは読み取ることができます。





自分を良く見せよう、カッコよく見せようとしても、言葉

 

使いや記号の使い方、表現などでその人の人間性、性格が

 

分かります。





気を付けたいですね。。。






いつもありがとうございます。

感謝


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     あなたのしあわせのために、、、
   

 

 

 

 

 

皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

       

 

 

 

   『人の目は ごまかせても

 

         自分をごまかすことはできない』

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』