優しい言葉をかけるとき、誤解を生みやすい一言があり

 

ます。「してあげる」という表現です。

 

 

 

 

 

本人としては、純粋な善意だとしても「してあげる」という

 

表現があると、一気に印象が悪くなります。

 

 

 

 

 

たとえば、次のような表現を聞いたとき、どんな印象を受け

 

ますか。

 

 

 

 

 

「話を聞いてあげる」

 

 

 

「勉強を教えてあげる」

 

 

 

「仕事を手伝ってあげる」

 

 

 

 

 

優しさを押し付けている印象があるため、どことなく素直に

 

喜べない気持ちになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

きっと相手は「感じが悪い」「偉そうな言い方」と思うに

 

違いありません。

 

 

 

 

 

「してあげる」という表現を使うと「優しい人と思われる

 

ためのアピール」と誤解される可能性があります。

 

 

 

 

 

言葉は難しい。

 

 

 

 

 

本人に悪気はなくても、ちょっとした一言で誤解を生んで

 

しまうことがあります。

 

 

 

 

 

表向きは優しくても、心の奥に打算や下心があると誤解され

 

る原因になります。

 

 

 

 

 

「してあげる」という表現を使うと「感じの悪い優しさ」に

 

なってしまうんです。

 

 

 

 

 

自分の行動を振り返って「してあげる」という状況がないか

 

確認してみてください。

 

 

 

 

 

優しい人になりたいなら「してあげる」という表現は控え、

 

シンプルに表現するのが得策です。

 

 

 

 

 

たとえば、次のように言い換えると、嫌みの印象がなくなり

 

ます。

 

 

 

 

 

「話を聞いてあげる」ではなく「私でよければ話を聞くよ」

 

 

 

 

 

「勉強を教えてあげる」ではなく「よかったら勉強を教える

 

よ」

 

 

 

 

 

「仕事を手伝ってあげる」ではなく「少し仕事を手伝っても

 

いい?」

 

 

 

 

 

こうした言い方なら、押し付けがましい印象はありません。

 

 

 

 

 

嫌みがないので、スマートに優しさを表現できるでしょう。

 

 

 

 

 

ちょっとした言い方の違いで、相手に与える印象は大きく

 

変わります。

 

 

 

 

 

誤解ない言い方をすれば、素直にあなたの善意を受け止めて

 

くれるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

  皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

  

 

 

 

   『綺麗な こころは宝物

                        あなたを映す 鏡です』

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』