相手と考えがぶつかると、自分の考えを理解してもらうと説明

 

します。

 

 

 

 

 

『話せばきっとわかってもらえる』と期待する。

 

 

 

 

 

ところがいくら話しても、相手は首を縦に振りません。

 

 

 

 

 

何度も話し合っても話が噛み合わず『わからない』『理解できない』

 

『納得できない』という返事ばかり。

 

 

 

 

 

感情を抑えながら丁寧に説明しても、話が平行線のまま進展

 

しないことがあります。

 

 

 

 

 

そんなとき『あの人とはわかり合えない』となるでしょう。

 

 

 

 

 

自分の考えを理解してもらえないと、ムッとするかもしれません。

 

 

 

 

 

わかり合えない人がいるのは悪いことでしょうか。

 

 

 

 

 

いいえ、悪いことではありません。

 

 

 

 

 

わかり合えない人はいてもいいんです。

 

 

 

 

 

むしろわかり合えない人がいるのは自然なことです。

 

 

 

 

 

生まれや育ちに違いがあれば、お互いの常識や価値観が異なり

 

ます。

 

 

 

 

 

わかり合えない人がいるのは良くないことに感じるかもしれません

 

が、良くも悪くもありません。

 

 

 

 

 

お互いの価値観が異なっているだけです。

 

 

 

 

 

どちらが正しいのか、どちらが間違っているのかではありません。

 

 

 

 

 

どちらも正しいんです。

 

 

 

 

 

相手には相手の考えがあり、自分にも自分なりの考えがあり

 

ます。

 

 

 

 

 

残念ながら『話し合えばわかってもらえる』というのは幻想なん

 

です。

 

 

 

 

 

わかり合えない人がいるのは問題ありません。

 

 

 

 

 

おかしなことでも悪いことでもなく、普通のことです。

 

 

 

 

 

理解されなくて怒ったり落ち込んだりする必要もありません。

 

 

 

 

 

わかり合えない人がいるのは大いに結構なことです。

 

 

 

 

 

ただし、このとき大切なマナーがあります。

 

 

 

 

 

わかり合えないからといって、相手を否定や攻撃しないことです。

 

 

 

 

 

悪口を言ったり感情をぶつけたりしないことです。

 

 

 

 

 

『なるほど、そういう考えもありますね』と思うだけでいいんです。

 

 

 

 

 

賛同しなくてもいいので、相手の意見を尊重します。

 

 

 

 

 

どうしても受け入れがたいことであれば、さらりと流してしまうのも

 

悪くありません。

 

 

 

 

 

受け止める力も大切ですが、受け流す力はもっと大切です。

 

 

 

 

 

馬耳東風に徹すれば、心が楽になって平常心を保てます。

 

 

 

 

 

このマナーさえ守っていれば、話が噛み合わないことはあっても、

 

トラブルには発展しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

      

         『驕るなかれ 謙虚に 感謝の気持ちで

                              人に優しく 自分に厳しく』 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』