夜に輝いていた小さな月は、昼間になると見えなくなります。





決して月が消えてなくなったわけではありません。





昼間は太陽がさんさんと輝いて空が明るすぎるため、月が見え

 

なくなっています。





普段の私たちも明るいときは、当たり前の大切さに気づけません。





昼間に消える月のように、明るい幸せな状況では、小さな幸福に

 

はなかなか気づきません。





存在に気づかなければ、感謝をすることもありません。





しかし、人生ではどん底を経験するときがあります。





真っ暗なときには、ささいなことが明るく感じられるはずです。





五体満足の大切さ



両親や兄弟の大切さ



1分、1秒の大切さ



生きていることの貴さ





真っ暗の夜ほど小さな月の光が輝いて見え、たしかにそこにある

 

存在に気づくはずです。





どん底を経験しているときは、今まで気づかなかった当たり前の

 

大切さに気づく機会にしましょう。





暗いときだからこそ、今まで見えなかった小さな幸せや感謝が

 

痛切に感じられるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

      

      

      

     『一筋の 光を求め  

               もがきながら 生きている』

     

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』