恥をかくのは、恥ではありません。





誰にでも、自分の欠点や過失などに気づいて、恥をかくことはある

 

ものです。





恥をかいても『すみません。間違えました。うっかりしていました』

 

と言えば、許してもらえます。





過ちを素直に認めると、許してくれるものです。





完璧な人はいません。





恥をかいた人を見たとき、自分にも心当たりがあるため『まあ、そう

 

いうこともあるよね』と寛大になれます。





自分にも同じ経験があると、良心が痛み、あまり強く言えません。





少し笑われるかもしれませんが、すぐ笑いが止まります。





自分が思うほど、恥は恥にはなりません。





見方を変えれば『勉強になった』『いい経験になった』とも言え

 

ます。





本当の恥は、恥を隠すことです。





ごまかしたり、曖昧にしたりして隠そうとすると、カッコ悪い姿に

 

見えます。





恥を隠そうとするのは、見れば分かります。





不自然な言葉や態度は、すぐ表に出るものです。





よく知らないので、物事の進め方が不自然です。





自分ではスムーズにやっているつもりが、たどたどしく映るのは、

 

滑稽です。





知らないのを恥だと思い、知ったかぶりして使い方を間違えるほう

 

が、一番カッコ悪いです。





恥は、隠すより見せたほうが、楽なんです。





ありのままの自分の姿ですよね。





見る人が見れば隠しても分かるんです。
 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

      

      

      

     『恥は一時 知らぬは一生   

                         ありのままの あなたの姿で』

     

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』