『どうにもならないこと』があります。





私たちは、どうにもならないことを考えすぎです。





悩んでなんとかなるのなら、まだ分かります。





悩むだけ悩み、解決策を考えればいいでしょう。





しかし、悩んでもどうにもならないことを考えても、仕方ありま

 

せん。





私たちの悩みの多くは、どうにもならないことが多いです。





たとえば、過ぎ去った過去です。





過ぎ去った過去を悔やんでも、どうにもなりません。





過去には戻れませんから、過去を変えることもできません。





どんなに過去を考えていても、生きているのは今だけです。





『あのとき、こうすればよかったな』と、いつまでもくよくよするのが、

 

最も時間の無駄です。





過去を振り返って「こうすればいい」という改善点が分かれば、

それで気持ちを切り替えるんです。





いつまでもくよくよしていても、実りはありません。





今の自分の元気がなくなるだけです。





ほうっておけばいいんです。





どうにもならないことは、ほうっておくのが一番です。





どうにもならないのですから『どうにもなりません』と言って笑うと、

 

気が楽になります。





道理に合った発言です。





堂々とできますし、元気も出てきます。





どうにもならないことがあるおかげで、今、元気になれるんです。

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

      

      

      『疲れても 疲れても

                        前にしか 行けないのです』

     

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』