昔の人は、珍しい生き物を『神の化身』と見立てました。





たとえば、白鷺(しらさぎ)・亀・蛇です。





いつでも会える動物ではありません。





普段は、人の目が届かないところに隠れています。





ふとしたときに現れ、さっと消えていなくなります。





『珍しい動物に出会った。きっと神様に違いない。ありがたい

 

ことだ』





蛇と言えば、気持ち悪く感じやすい動物ですが、昔の人は『神の

 

化身』として、ありがたく感じていたんです。





それは現代社会でも『珍しい出来事』として起こっています。





道ばたでお金を拾った。(警察に届けましょう。)





お茶を飲もうとしたら、茶柱が立っていた。





目覚まし時計がなる1分前に、偶然目が覚めた。





お菓子を買ったら『当たり』が出た。





青信号が連続で7回続いた。





卵を割ったら、黄身が2つ出てきた。





道ばたを歩いていたら、友人とそっくりな人を見かけた。





たとえ嫌な出来事でも、珍しければOKです。





珍しい出来事があったとき『珍しい出来事だな』で終わらせる

 

のではありません。





珍しい出来事があれば、良い事がある前触れと考えましょう。





神様が、ふと現れた瞬間です。





昔の人が、珍しい動物に出会ってワクワクしたように、私たちも

 

珍しい出来事があったときはワクワクしましょう。





『どんな良いことがあるのかな』





良いことを期待すると、ますます今日を楽しめるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

      

      

      『人生に 近道はない

                           試練は 乗り越えないと』

     

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』