考えすぎる性格の人は、苦しみやすい性格とも言われています。

 

 

 

 

 

いつも眉間にしわが寄っていて、くよくよ悩んでいるイメージがある

 

のではないでしょうか。

 

 

 

 

 

考えすぎるとはいえ、その苦しみは思いのほか大きいものがあり

 

ます。

 

 

 

 

 

考えすぎる性格の人には、独特の苦しみがあります。

 

 

 

 

 

なぜ考えすぎると、苦しいのか。

 

 

 

 

 

その理由は、4つあります。

 

 

 

 

考えすぎると苦しい理由1

 
 
 
 

精神的ストレスを感じやすい。

 

 

 

 

 

考えるだけであっても、精神的なストレスがかかります。

 

 

 

 

 

簡単に解決できるテーマならいいですが、なかなか解決できない

 

テーマなら、ストレスは雪だるま式に大きくなります。

 

 

 

 

 

終わりのないテーマの思考に没頭すると、延々と精神的ストレスを

 

受けることになり、苦しみを感じやすいんです。

 

 

 

 

考えすぎると苦しい理由2

 
 
 

体力の消耗が激しくなる。

 

 

 

 

 

考えるだけであっても、体力を消耗します。

 

 

 

 

 

脳は大食漢です。

 

 

 

 

 

脳は、体重の2パーセントしかない組織ですが、摂取カロリーの20

 

パーセントを消費します。

 

 

 

 

 

もちろん脳をしっかり使う場面では、それだけカロリーの消耗も

 

激しくなります。

 

 

 

 

 

勉強に集中しているとき、空腹になりやすいのはそのためです。

 

 

 

 

 

日頃から考えすぎる性格の人は、体を動かさなくても、体力の消耗

 

が激しくなります。

 

 

 

 

考えすぎると苦しい理由3

 
 
 

ネガティブ思考になりやすい。

 

 

 

 

 

考えすぎると、ネガティブ思考になりやすい傾向があります。

 

 

 

 

 

ポジティブに考えることができればいいのですが、なかなか現実は

 

そういきません。

 

 

 

 

 

長く考えると、疲れがたまってきます。

 

 

 

 

 

疲れがたまっていると心に余裕がなくなるため、思考が悪い方向

 

に進みやすくなります。

 

 

 

 

 

不毛な妄想を働かせたり、余計な邪念が出てきたり、あり得ない

 

状況を現実的に考えたりなどです。

 

 

 

 

 

結果として、ネガティブ思考が進行しやすくなるんです。

 

 

 

考えすぎると苦しい理由4

 
 
 

体調不良や病気に発展することがある。

 

 

 

 

 

考えすぎるだけであっても、一定を越えて悪化すると、体調不良や

 

病気に発展することがあります。

 

 

 

 

 

たとえば、不眠症です。

 

 

 

 

 

ベッドに入ってからもくよくよ考えていると、興奮を促すため、入眠

 

の妨げになって睡眠不足に陥りやすくなります。

 

 

 

 

 

考えすぎて一定程度ストレスを感じると、拒食や過食に陥ることも

 

あります。

 

 

 

 

 

考えすぎる性格とネガティブ思考が同時に進行すると、鬱病や強

 

迫性障害などの病気に発展することもあります。

 

 

 

 

 

私もそうですが、心当たりのある方はお気をつけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

      

      

     『考えることは 大切なこと   

                      考えすぎは 危険なこと』

     

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』