心を変えたい人がいます。





『もっと優しい自分になりたい』



『もっと愛にあふれる自分になりたい』



『きれいな心にしたい』





そう願い、心を変えようとします。





しかし、そもそも変える必要などありません。





悲しい映画を見れば、自然と涙を流す自分がいます。





自分の大切な人が亡くなれば、悲しくて涙が止まりません。





それは、すでに愛の心が存在している証拠です。





おかしいと思いませんか。





愛の心がなければ、涙を流すはずがありません。





喜怒哀楽があるということは、すでに愛の心があるというなにより

 

の証拠です。





心を変えなくても、素晴らしい宝が、すでにあります。





私たちには、生まれつき、完全なる愛の心という素晴らしい宝が

 

あります。





大切なことは、その心を引き出すことです。





すでにあるのですから、引き出すだけでいい。





たくさん本を読むインプットは、まったく不要です。





学ぶことではありません。





気づいて、引き出すことです。





では、なぜ、今、引き出せないのかというと『業(ごう)』が邪魔して

 

いるからです。





業というのは、心のゴミのことです。





妬み、恨み、後悔、トラウマ、コンプレックスなどが邪魔をして、

 

心の光を遮っています。





また、見栄や体裁を気にしていることで、自分らしい本来の行動を

 

抑止しています。





光り輝いている自分を、わざわざ自分で遮ってしまっています。





まず、これらの業を取り払うことです。





心にインプットをするのではなく、邪魔なものを取り払います。





心を変える必要はまったくありません。





心の光を遮っている障害物を取り除くだけでいい。





輝くためには、心のゴミ掃除をすればいい。





自然ともともとある愛の光が引き出され、輝く自分になれるん

 

です。
 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『部屋の掃除も 大切だけど 

                    心の掃除も 忘れないで』 

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』