人とぶつかるのは、あなたに角があるからです。





角とは、主張であり、偏見であり、見栄であり、体裁であったり

 

します。





若いころは角がたくさんあり、頻繁に人とぶつかってしまいます。





しかし、角は、年を取ってくれば、だんだん取れます。





さまざまな経験を積んで、世の中のことが分かり、人の気持ちを

 

理解できるようになれば、角もだんだん取れます。





もちろん、年齢的な老いも関係あるでしょう。





年を取れば、ある程度は、自然と丸くなります。





角をなくすために、世間では『丸くなれ』と耳にします。





しかし、その角こそ、実はあなたの宝です。





もし本当に完全に丸くなってしまえば、どうなってしまうでしょうか。





斜面を転がる人間になるでしょう。





角がないので、地面が傾く方向に流されるままです。





『完全に丸い』という状態も、考えものです。





角は少しくらいあったほうが、摩擦ができるため、人に流されない

人になります。





『どうしてもこれだけは譲れない』という角は、他人に流されない

ために必要であり、あなたの武器になります。





これを『こだわり』といいます。





角こそが、あなたの味になるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        あなたのしあわせのために、、、

 

 

 

 

 

 

 

   皆様にとって素晴らしい一日でありますように、、、

 

 

 

 

     『追い風 向かい風 風止まり

                         心の中も 同じ風』

 

 

 

 

ホームページはこちらから

↓    ↓    ↓

霊能者・スピリチュアルカウンセラー『和頼』